『作家の猫』

『作家の猫』

 

28人の作家と、その愛猫達。

縦22センチ、横17センチ、134ページの、手頃な大きさの写真集。
あるいは写真集に分類すべきではないかも知れない。
28人の作家と、その愛猫達を、写真と文章で説明した本である。
猫好き+文学好きの方には、たまらない本だ。

当然ながら、筆頭を飾るのは夏目漱石と吾輩君。
次席が南方熊楠とチョボ六ちゃん、というのが、南方ファンの私としてはうれしい。
他には、谷崎潤一郎、内田百けん、室生犀星、大佛次郎、三島由紀夫など、教科書の文学史で出てくる名前あり、椋鳩十、池波正太郎、開高健、中島らもなど、人々に広く親しまれた作家あり。
外国からは、コレットとヘミングウェイが参加。
竹久夢二、藤田嗣治、朝倉文夫など画壇や彫刻界の大物も登場する。
他の方々のお名前も、普通に読書好きな方なら全員聞いたことがある名前だろう。

さらに巻末には、「猫の名作文学館」と題して、約40冊の猫本が紹介されている。
当サイトで紹介している本も多く含まれ、「やっぱりこの本、いい本よね!」なんて思って、なんだかうれしい。
(読んだけどまだサイト紹介していない本も多いです。いずれアップしますね・・・汗)

まめままさん↓も絶賛の、「室生犀星とジイノちゃん」の写真は、本当にすばらしい一枚です。
火鉢にちょこんとお手々をかけたジイノちゃんと、それを見守る室生犀星の幸せそうな笑顔。
いいなあ。

立ち読みより、所蔵して欲しい一冊ですね。

(2006.8.10)

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

『作家の猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『作家の猫』
コロナブックス

  • 編者:コロナ・ブックス編集部
  • 出版社:平凡社
  • 発行:2006年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫) 
  • ISBN:4582634222 9784582634228
  • 134ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 


ショッピングカート

 

『作家の猫』

『作家の猫』
8.9

猫度

9.0 /10

面白さ

9.5 /10

画像

8.5 /10

猫好きさんへお勧め度

8.5 /10

『作家の猫』” に対して1件のコメントがあります。

  1. nekohon より:

    【推薦:まめまま様】

    写真本のたぐいはあまり買わないのですが、これは題名そのまま、作家とその猫の写真や資料が載っていて、カワイイ猫写真とはちょっと違う本です。

    内田百聞さんの張り紙とか、南方熊楠さんの書かれた猫の絵とか・・・
    室生犀星さんと一緒に火鉢を囲む猫の写真はもう、顔がゆるむ以外の何物でもない可愛さです。
    (2006.7.30)

    *サイトリニューアル前にいただいておりましたコメントを、管理人が再投稿させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA