阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』

 

副題『被災地動物支援ドキュメンタリー』。

読み始めるには、ものすごく、ものすごく、勇気が要りました。

私は被災していません。あの日の前も、あの日の後も、まったく同じ、平和な日々が続いています。
こんなに平穏無事でよいのかと申し訳なくなるほど。
東北であれほどの事が起こったというのに、私の住んでいる地方には、まったく何の影響もありませんでした。

でも、だからこそ、この本を読まなければいけないと思いました。
今は読んで良かったと思います。

出だしは、とても淡々とした文章です。
元ライターとは思えないほどに、起伏の少ない、能面のような筆運びです。
事実だけが綴られています。

しかし、その「事実」は、・・・
あまりにすさまじく、恐ろしく、残酷無慈悲で、何度も「え?」と読み返してしまうほどです。

平たい文章と、強烈な現実の、ギャップの大きさ。

私がこの本を読んだのは、あの大震災から2年近くたってからでした。
しかしこの本が発行されたのは、もっと早くて、大震災から約1年後。
書かれたのはさらに早い時期でしょう。

すさまじすぎる体験は、もう、淡々と語るしかないんだ・・・。

ドラマチックな体験をドラマチックに語れるようでは、それはまだ十分にドラマチックとはいえないのです。
あまりに非現実的なまでの大参事は、すべてを押し殺して静かに語るしかないのです。

この本を読んで、そう、思い知らされました。

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』地震と大津波をなんとか生き延びた猫もドロドロ

著者は、幼い少女のころから、かわいそうな動物たちを決して見捨てられない人でした。

成人し、地方の新聞紙などの下請けライター等をした後、「NPO法人アニマルクラブ石巻」を立ち上げます。
スナック経営でご自身の生活費とアニマルクラブの活動費を稼ぎ、寸暇を惜しんで犬猫の救済に飛び回ります。
その間に結婚・出産・離婚もします。

それだけでもすごい方だと思うのに、大震災後の活躍はまさに八面六臂。
ご自宅1階まで津波に浸かり、電気も水道も何もかも破壊され、東北の3月に、食べるものも無く、着るものも無く、泥だらけで放り出されたというのに、ほとんどの人々が、自分の命を守るだけで精いっぱいだったというのに。
著者の阿部さんは、犬猫達のため、ひたすら犬猫達のため、脇目もふらず、我が身をもかえりみず、着るものも着ず、夜も寝ず、ただただ、救助し、介助し、世話をし、闘います。

なぜそこまでできるのか。
人間業とは思えないほどのご活躍に、背筋が寒くなるほどです。

本の文体は、震災から時間がたつにつれ、どんどん息を吹き返します。
文章にプロライターらしいリズムが出始め、描写が生き生きとしはじめ、最後の方はダイナミックな鼓動さえ感じられるようになります。

その鼓動は、生きている鼓動でもあります。
あの大地震、あの大津波を乗り越えて、生き残った強さ。
何もかも失われたマイナスの状況から、強引なまでに逞しく、立ち上がっていく美しさ。

そんな方ですから、一番最後の阿部さんのメッセージには、私のような人間はうちのめされてしまうのです。

なげくだけでは形にならないよ。かわいそうと思うなら助けなきゃ!
page 227

ああ、私は何をしたというのだろう!
何もしていない!

どうか、お読みください。
動物たちの被災は終わっていません。
そして、福島には、警戒区域内に残された動物たちが今もなお、毎日被曝しながら生きています。

(2013.3.9.)

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』せっかく生き残った後でも、人間の事情で翻弄される動物たち

*アニマルクラブは里親様・ボランティア・支援金等を必要としています。
心暖かい皆様のご協力を、どうか、よろしくお願いします。
詳細は公式ホームページで。
アニマルクラブ http://a-c.sub.jp

※注意事項※
アニマルクラブでは抱えられる限り収容して、ボランティアで運営していますので、「猫や犬を引き取って欲しい。」という依頼には応じることはできません。
命だから何とか助けたいと『主体的に頑張る人』をサポートするのが、アニマルクラブの活動です。
お問い合わせの際はその点をご理解くださいますようお願い致します。

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『動物たちの3.11』
被災地動物支援ドキュメンタリー

  • 著:阿部智子(あべ ともこ)
  • 訳:姓名(ひらがな)
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 発行:2012年4月
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)ドキュメンタリー
  • ISBN:9784047279483
  • 227ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:団蔵、クララ、千代豆、その他多数
  • 登場動物:多数の犬たち、他

 

目次(抜粋)

はじめに
1.その日・・・・・
2.さあ、動かねば
3.扉を開けてくれた人たち
4.待ったなしの現実
5.被災をくぐり抜けた命と抜け出せなかった命
6.紙一重の命
7.なぜ動物なの?
8.助け舟と道標
9.福島の動物たち
10.悲喜こもごも
おわりに

 

著者について

阿部智子(あべ ともこ)

宮城県石巻市生まれ。
東北福祉大学社会福祉学部心理学科卒業。
高校時代より、動物の現状を知らせる投稿や、救援のためのバザを始める。
現在も、捨てられた犬や猫の里親探しや救援活動と、パネル展・公園などの啓もう活動を活発的に行っている。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

阿部智子『動物たちの3.11』

阿部智子『動物たちの3.11』
9.5

動物度

10.0 /10

面白さ

8.0 /10

うるうる度

10.0 /10

猫好きさんへお勧め度

10.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA