書評:赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』

赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』

 

短編集。
三毛猫ホームズ、警視庁捜査一課刑事の片山義太郎、妹の晴美、目黒署刑事で自称晴美の恋人の石津の4名が、今回もドタバタとコミカルに殺人事件を解決する。

『三毛猫ホームズの飛び石連休』

公園で、何やら芝居が公演されるという。
それを見に来たホームズ・義太郎・晴美・石津の一行は、芝生に座ってのんびりと芝居見物をはじめる。
劇場で行われる普通の芝居と違って、この芝居は公園全体が舞台で、かつ、観客席でもあるのだ。
そこへ事件が。

『三毛猫ホームズの子守歌』

晴美が、旧友の団地で、おしゃべりを楽しんでいたら、突然、隣のご主人が現れ、赤ちゃんがキューピー人形になってしまったと、わけのわからないことを言う・・・・

『三毛猫ホームズの離婚相談』

夫婦円満だと言っていたのに。
嫁姑関係も良いと言っていたのに。
なぜ男は殺された?

三毛猫ホームズのクリスマス

手足の白黒は描き分けられているし、いちおう三毛猫ですが・・・顔も胴も白が多すぎるし、毛はぼさぼさだし、赤川次郎氏の描くホームズとは別の猫に見えます。

『三毛猫ホームズの通勤地獄』

ラッシュアワーの通勤電車の中で義太郎を「痴漢!」としめあげた女子高校生は、なんと、立派な企業の社長でもあった!

『三毛猫ホームズのクリスマス』

クリスマスイヴだというのに、ホームズ達一行はなぜか、とある私立女子高校の寮にいた。
義太郎の友人が旅行に行っている間、警備の代わりを頼まれたのである。
ところが、友人のそれはふつうの観光旅行とかではなかった!?

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』

赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズのクリスマス』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:昭和59年(1984年)
  • NDC:913.6(日本文学)短篇推理小説集
  • ISBN:4334025803
  • 209ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 『三毛猫ホームズの飛び石連休』
  • 『三毛猫ホームズの子守歌』
  • 『三毛猫ホームズの離婚相談』
  • 『三毛猫ホームズの通勤地獄』
  • 『三毛猫ホームズのクリスマス』

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』

赤川次郎『三毛猫ホームズのクリスマス』
7.5

猫度

3.5/10

面白さ

8.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫活躍度

8.0/10

愛猫家へお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA