赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

 

音楽の都、ウィーン国立歌劇場で殺人事件が。

日本では、あるピアノコンクールが開催された。
優勝賞金は1000万円、プラス、ウィーンでのコンサート付き。
ピアニストたちが必死になるのも無理はなかった。

審査員のひとりは著名な女性ピアニスト。もう70代だが毅然として年齢を感じさせない。
その愛弟子が最優勝候補だった。

ところが、どんでもない伏兵があらわれる。
まったく無名の新人。しかも、覆面!?
しかし、演奏はすばらしく・・・

話は変わって。

ホームズ一行は、音楽の都、ウィーンにいた。
お馴染み、三毛猫のホームズ。
警視庁捜査一課刑事の片山義太郎。
その妹、晴美。
晴美の自称恋人で、目黒署刑事の石津。

ウィーンには、桜井マリもいた。
『三毛猫ホームズの狂死曲(ラプソディー)』で、命を狙われながらも義太郎たちに助けられ、ヴァイオリンコンクールに優勝した子である。

さらに、警視庁捜査一課課長の栗原警視も、なぜか夫婦でウィーンに来ていた。

これだけメンバーがそろって、事件がおこらないワケがない!

伝統あるウィーン国立歌劇場で、奥ゆかしいオペラを鑑賞しにきたはずなのに。
ピアニストは行方不明になる、人は殺される、義太郎はピストルで脅される、地下墓地に、誘拐に、ウィーン産チンピラ・・・?

なぞのピアニストは、誰だったのか?
どこへいってしまったのか?

 *:*:*

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

この一冊は、ストーリーとしてはとても面白いけど、この結末はちょっとないでしょって感じ。
推理小説として、ヒントが少なすぎると思うし、それ以上に、簡単に人を殺しすぎじゃないかと。
エンターテイメントという点では、ほんとうに優れているとは思うのですけれどね・・・

(1988年2月20日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

三毛猫ですらない・・・

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:昭和61年(1986年)
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334026702
  • 204ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物: -

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの歌劇場(オペラハウス)』

7.4

猫度

4.0/10

面白さ

7.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫活躍度

8.5/10

愛猫家へお勧め度

8.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA