赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

 

12歳の天才ピアニスト少女が殺される!?

その建物はかつては個人の別荘だったそうだ。
今はホテルに改造されている。

だから、大きなホテルではないが、木造建築にしか出せない味がある。
時代を感じさせる風格がある。

その、格式高いホテルで、少女が殺された。
もう10年も前の話である。
当時、その子まだわずか12歳だった。
幼いながら天才的ピアニストで、殺されたのは、ピアノの生演奏中だった。
犯人はまだつかまっていない。

話はかわって。

住宅街で。
片山と石津の目の前に、女がふらふらと出てきたとおもったら、倒れて死んだ。
背中を何者かに深々と刺されていた。

その女性殺人事件と、10年前のホテル少女殺人事件に、何か関連があるかもしれないという。

ホテルは、まさに閉館を控え、最後のイベントを企画していた。
お得意客の無料招待である。

そこへ、三毛猫ホームズ、片山義太郎、妹の晴美、その自称恋人の石津のお馴染み4名も、宿泊することとなった・・・

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

これじゃあブチ三毛。赤川次郎氏の形容するホームズじゃない・・・

また音楽がからんだ殺人事件。
赤川次郎氏、お好きですねえ、クラシック音楽が。

そして、あいかわらず、いとも簡単に殺人が行われる。
カジュアル殺人は、赤川氏の特徴でもあるけど、でも、子どもをそんな理由で殺さないでよと、可哀想になりますね・・・。

そして、この作品も、最後の最後まで犯行の全容がわかりません。
私の推理力が不足しているだけかもしれませんけど(汗)。
最後のどんでん返し的な謎解きの内容には、ちょっとゾッとさせられます。

今回もホームズ、ぜんぜん猫っぽくないし・・・・。

(1990年12月1日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:1990年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334028950 光文社文庫新装版=9784334773847
  • 232ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの黄昏ホテル』

7.1

猫度

4.0/10

面白さ

7.5/10

猫活躍度

8.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10