赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

 

華やかな女子大に渦巻く陰謀!

女子学生会館の非常階段から男子学生が落ちて死んだ。

そこにはF学園大学の女子大生たちが住んでいた。
そして偶然、そのF学園大学で、警視庁捜査一課長の栗原警視が、講義を依頼されていて、部下の片山義太郎刑事も雑用係でお供していたが、栗原警視が直前にけがをしてしまい、なんと、片山が急遽、代理講義をするハメに!

そう、片山義太郎は、刑事なのに、血を見ると貧血を起こす、高所恐怖症、そして、女性恐怖症でもあった。
ずらり並んだ女子大生を前に講義なんて、義太郎にとっては恐怖そのもの!
しかも、その最中に女子大生の死体が天井から・・・

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

この猫も、ホームズじゃない・・・

三毛猫ホームズシリーズの第一作が、女子大を舞台にした事件だった。
今回もまた、女子大が舞台(別の女子大だが)。

ふつうの男なら大喜びしそうな設定。
しかし、義太郎は冷や汗をかきっぱなし。
しかもその上、その大学には、誰もが振り向くとびっきりの美人女子大生がいた!
そしてもちろん、その美人女子大生が、なぜか義太郎に積極的に近づいて・・・

ドタバタとコミカルな中に、推理小説としての要素もしっかり盛り込まれた一作。
シリーズの中でも、プロット的に、私が好きな作品だ。

そして、もちろん♪
ホームズ、今回も要所要所で大活躍!
猫というより、ほとんど番犬?
あわやというところで、今回も、何回も人間を救う。
悪い奴に「ギャー」ととびかかって引っ掻く。

でも、ホームズちゃん。
犯人に刺されないように気を付けてね、といいたくなる。
いくら猫が敏捷だとはいえ、武器を持った人間を襲うのだから。

(1991年6月1日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:1991年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334029213 光文社文庫=9784334719005
  • 259ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの犯罪学講座』

6.7

猫度

3.5/10

面白さ

7.0/10

猫活躍度

7.5/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA