書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

 

K大受験の関係者がつぎつぎと・・・

片山義太郎、警視庁捜査一課の刑事、独身、女性恐怖症・高所恐怖症・血を見ると貧血をおこす!
妹の晴美、本職はカルチャースクールの受付嬢なのに、いつも兄にくっついて歩き事件に顔を出す。
目黒署の石津刑事は、そんな晴美にぞっこんで、いつも晴美に付き添い、つまり、義太郎ともいつも行動を共にしている。

そして、もちろん、主役のホームズ。三毛猫。雌。誰よりも鋭い知能、鋭い勘、鋭い観察力で、頼りになる用心棒でもある。

そんな片山家、といっても安アパートだが、その狭苦しいところへ、親同士の友人の娘というのがやってきた。
K大を受験するため、単身東京に出てきたのである。

なのに。
つぎつぎと不思議な事件がおこる。

殺人事件がおこる。
行方不明事件がおこる。
入試にかかわる疑惑が出てくる。
そして、もちろん、恋愛事件(?)もおこる!

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

今回もホームズじゃありませんでした。なぜ赤川次郎さんは許しているんでしょう?不思議です。

* * * * *

大学というのは、不思議な場所である。
教える側、教わる側、彼らをサポートする側・・・
あれほど多くの人間が出入りしていながら、閉ざされた世界でもある。
それら象牙の塔の中で、誰が何をしているのか、外部には漏れてこない。
純粋に研究に没頭する教授。
それより金儲けを企む教授。
教授の椅子を狙う助教授。
教授の妻を狙う助教授、。
大学に受かったらおおいに勉強しようと頑張っている受験生。
大学に受かったら思い切り遊ぼうと思っている受験生。
大学に受かるためならなんでもする受験生。

ホームズ、猫に大学受験なんてモノが無くてよかったニャア!

(1992年10月2日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの傾向と対策』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:1992年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334029957 光文社文庫=9784334720711
  • 215ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』

赤川次郎『三毛猫ホームズの傾向と対策』
6.9

猫度

4.0 /10

面白さ

7.0 /10

猫活躍度

7.5 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

7.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA