書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

 

あの義太郎が恋を!?

片山義太郎。警視庁捜査一課の刑事。30歳直前、独身。ひょろりとのっぽで、なで肩、丸顔の童顔、気はやさしくて力持ち・・・って程、力の方は強くない。力仕事はいつも、妹・晴美の(自称)恋人、石津刑事に任せっぱなし。
血を見ると貧血をおこす。
女性、とくに、美人には弱い。惚れっぽいという意味の「弱い」ではなく、文字通り、緊張して貧血をおこしてしまうのである。
さらに、高所恐怖症で、アルコールもからっきしダメ。
つまり、ぜんぜん刑事らしくない。
刑事らしい「すごみ」が無いかわりに、「弱み」ばかりが目立つ男、それが片山義太郎。
そのため、人びとに信頼され、「優しそう」と頼られる。

毎話、なぜか女性に、それも美人ばかりに言い寄られてオロオロする義太郎だが、・・・

今回ばかりは、義太郎の方も惚れた!?

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

今回は、ホームズは後ろ半分しか出て来ません。ひどいニャー!


さて。

水没した車の中から、2つの死体が見つかった。
男の方は、地味で平凡なサラリーマン・・・のように見えたが、実は大資産家一族の一員だった。
そして、女は喉を切られていた。こちらはあきらかに他殺。
無理心中?それとも、無理心中を装った殺人?

男の家族、火枝家というのが、尋常ではなかった。
尋常でない財産。
尋常でないほど広大な屋敷。
尋常でないほど気が強くてワンマンな母親。(老婆だからワンウーマンか?)
そして、尋常とは思えない子供たち(全員もう良い歳の大人だけど)。

大資産家の家で、大資産家であるがゆえに、おこった悲劇。
事件解決のために、義太郎は「偽装婚約発表」までするが・・・

* * * * *

(それにしても、なんて容赦なく罪のない人々を殺しちゃうんだ・・・?)

(1993年7月29日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

実はこれもうっかり文庫版も買ってしまいました。にゃはは(汗)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの心中海岸』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:1993年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334070531 光文社文庫新装版=9784334774127
  • 223ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』

赤川次郎『三毛猫ホームズの心中海岸』
7.4

猫度

4.0/10

面白さ

8.5/10

猫活躍度

8.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA