赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』

赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』

 

猫屋敷で猫11匹と老婦人が殺されたのが事件の始まり。

片山義太郎は警視庁捜査一課の刑事。妹の晴美と、三毛猫のホームズと暮らしている。
石津は、目黒署の刑事である。

さて。

この小説が書かれた当時、日本各地で、農地がつぶされ、大規模団地が建てられていた。多摩ニュータウンもそのひとつ。民衆はそういう「モダーンな」住居に憧れていた。

晴美に絶賛片思い中の石津も、高層階の部屋に引っ越し、赤いスポーツカーまで購入した。なんとか晴美の気を引こうと全財産をはたいたのである。

石津に招待されて、晴美・片山・ホームズは多摩ニュータウンを訪れる。

団地群の周辺にはまだ、農村もわずかながら残っていた。時代に置き去られたような、昔ながらの集落。平和だったのに。
大地主の老婦人と、愛猫11匹が惨殺死体で見つかった!

犯人はすぐわかった。近所で自殺していたのだ。

なのに、事件は終わらない。さらにつぎつぎと人が死んでいく。殺されたのか、自殺したのか、事故なのか、それとも、・・・

同一犯による連続殺人事件?

さらなる謎。

最初に殺された大地主の老婦人は、猫を20匹余も飼っていた。しかし見つかった猫の死体は11匹のみ。
残りの約10匹の猫達は、どこへいってしまったのだろう?

今回も、妹の晴美が全員を引っぱり、猫のホームズが要所要所を抑え、石津や片山をしのぐ活躍をする。
石津は今回も、晴美しか見ていない。
片山は今回も、・・・女性恐怖症で「もてない男」を自認している男なのに、なぜかまた女性に言い寄られ、事件よりそちらにアタフタして、ホームズに頼りっきり。

三毛猫ホームズ、すごすぎ!

(1987年10月4日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』

赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』裏表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの怪談』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:角川文庫
  • 発行:昭和59年(1984年)
  • NDC: 913.6(日本文学)長編推理小説
  • ISBN:4041497833
  • 383ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ、琴
  • 登場動物: 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』

赤川次郎『三毛猫ホームズの怪談』
8.3

猫度

7.5 /10

猫活躍度

9.5 /10

面白さ

7.5 /10

猫好きさんへお勧め度

8.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA