書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

 

片山が銃で狙われた!

・・・しかし、偶然かがみこんだので、弾は別の人に当たり、その人は死んでしまった。
その人には中学3年生の娘がいた。
母親も昔に死んでいた。
片山義太郎の心に、少女に対する申し訳なさが残る。

孤児となった少女を、しかしなぜか最後の身寄りである祖母は引き取ろうとせず、かわりに引き取ってくれたのは、女子校の理事長。
当然、少女もその女子校に転校したが・・・

一方で、晴美は旧友と会っていた。
昔は地味で大人しい子だったのに、なんと今は、金持ち老人の愛人をしているという。
高価なブランド品に囲まれた彼女は、しかし、なぜか幸せそうではない。

昔の恋、陰謀、嫉妬、親子関係。
最初はバラバラに見えた事件や出来事や思い出が、しだいにつながっていく。

・・・・あれ?
今回は、片山義太郎、めずらしく誰にも言い寄られなかったゾ?
若い女性(女の子)がたくさん出てきたのに。身に覚えのないスキャンダルをたてられただけで。
まあ、女性恐怖症の片山としては、その方が気が楽でよかっただろうけれど。
片山刑事にとっては、根も葉もないスキャンダルの方が、美人に言い寄られるより、ずっとマシなようだから。

ホームズの出番も、今回は少ないのでした。
石津もところどころで、片山や晴美にいいように使われて、ろくな活躍もできずにおしまい。

(1997年12月31日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

あいかわらず、ホームズでない猫の挿絵。あ~あ。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの四捨五入』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ 光文社文庫
  • 発行:1997年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334072674 9784334072674
  • 195ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』

赤川次郎『三毛猫ホームズの四捨五入』
5.8

猫度

3.0 /10

面白さ

7.0 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

4.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA