書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』

 

ご存知、天才探偵猫・三毛猫ホームズと、
その同居人・片山義太郎(警視庁捜査一課刑事)と晴美、
晴美の自称恋人・石津の4人が繰り広げる、ドタバタコミカルミステリー。

三毛猫ホームズの暗闇

片山達が乗ったバスがトンネルの中を通過中、地震が起きて、トンネルの両端とも崩壊してしまった。
バスは無事だったとはいえ、暗闇の中に取り残された乗客は不安を募らせる。
ましてその乗客たちの中に、殺人犯の家族と、被害者家族が乗り合わせていたのだから。

三毛猫ホームズの無邪気(イノセント)

一代で財を築き上げた男と、その若い妻。
年齢のわりにあんなに元気で丈夫だったのに、突然、子供返り?手で鉄砲を撃ってはしゃぎまわるように。
混乱を恐れて、会社はまだ発病をひた隠しに隠していたが・・・

三毛猫ホームズの涙雨

十歳前後の少女たちが殺された事件の犯人は、捕まる直前に逃亡した。
残された加害者家族に、世間は冷たい目をむける。
娘は辞職を余儀なくされ、心の支えは婚約者の存在だけだった。

三毛猫ホームズの包囲網

警官が熱血すぎたせいで、会社が倒産した?
あの片山が、人間に向けて、2発も拳銃をぶっ放した!?

三毛猫ホームズの沈没

ホームズ一行が乗っていたのは、遊覧船だった。
海でもない、静かな湖の上。
こんな平和な観光地で、まさか船同士が衝突するとは!
・・・いえ、沈むほどの大衝突ではなかったんですけどね。
それでも、事件はおこる!

P.S.
赤川次郎さん、弥生という名前がお好きにゃの?前作と合わせて3人目・・にゃふ。

(2001年8月1日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの暗闇』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 光文社文庫
  • 発行:2001年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334731724 9784334731724
  • 295ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 三毛猫ホームズの暗闇
  • 三毛猫ホームズの無邪気(イノセント)
  • 三毛猫ホームズの涙雨
  • 三毛猫ホームズの包囲網
  • 三毛猫ホームズの沈没
  • 解説 笹川吉晴

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗闇』
6.3

猫度

3.0 /10

面白さ

7.0 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

6.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA