赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

 

片山が骨折、ホームズは湖に消える!?

人生に絶望した3人が集められ、奇妙な仕事が与えられた。
家族としてリゾートのロッジ(ホテル)で1カ月間過ごせば多額の報酬を出すという。
が、もし本当の家族でないことがバレたら、そこで終わり。
また、何か起こるかもしれないから気をつけろ、とも。

あまりに奇妙な仕事だったが、どうせもう人生は無いものとまで追い詰められていた3人は承諾する。

一方。

立てこもり事件から人質を救い出した片山義太郎。
ご存知、警視庁捜査一課の刑事である。
救助の際に、名誉の(?)負傷をし、しばらく休養を余儀なくされた。
どうせ休養するなら、自然に囲まれた土地でと、ギブスの体ででかけたが、

もちろん、片山・妹の晴美・自称恋人の石津・そして三毛猫ホームズがそろえば、何も起こらないハズがない!

ロッジへ向かう寝台車の中で、はやくも不審な人物に出っくわす。
家庭内暴力から逃げてきた少女を保護して、一緒にロッジに到着。

そのロッジは、旧華族の別荘を数度にわたって改造してホテルにしたものだった。
壁には元持ち主が描いたという、見事な肖像画があった。
見事な絵・・・と聞けば、栗原課長(片山の上司)が東京で大人しくしていられるわけもなく。
かくて、メンバーが勢ぞろい。

まずあらわれたのは、なぞの美女。全裸・・・

今回はホームズは、出番がごく少ないのです。
湖に落ちて、行方不明になって、晴美や石津は一応探しますが(片山はギブスの松葉づえなので役に立たない)、どうやら生きているらしいとわかった時点で積極的な捜索は放棄。
ホームズはふつうの猫じゃないんだからそのうちに出てくるでしょ、と冷たい。
再会時は駆け寄ってヒシと抱き合いますけれど。
私や、私のサイトの常連さんたちなら、生きているらしいとわかったらますます熱心に探すんだけどなあ。1分1秒でも早く無事に保護してあげたいから。
最近、どうも晴美のホームズへの態度が気に入らない私なんですよね。
ま、晴美はホームズの飼い主という自覚はないみたいだけど。
だって、こんな会話がでてくるんですよ。

「ニャー」
「この猫もいいかしら?」
「どうぞとても頭のいい猫ですってね、飼主に似て」
「『似ず』の間違いじゃない?」
と、晴美が言った。
page26

晴美が自分の事を「頭が悪い」なんて、間違えても言いそうにない。
「飼主に似て」といわれて間髪入れず「『似ず』じゃない?」と答えた晴美は、やっぱり、飼い主は兄・義太郎だと思っているんだろうなあ。
本来の飼い主であるはずの片山兄妹より、猫恐怖症の石津の方が、ホームズを大切にしているように見えてならないんですけれど。
行方不明になっていつもまっさきに心配するのは石津、最後まで探しまわるのも石津、ホームズのご機嫌を常に気にしているのも石津。
義太郎は頼りにしているだけだし、晴美に至っては都合よく使っているだけのように見えます・・・

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

表紙の部分アップ。
にゃんと、角川文庫版のホームズは、ちゃんとホームズに描かれていますね!やや白い部分が多い気はするものの、ほぼホームズたんそのものです。

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの仮面劇場』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:KADOKAWA 角川文庫
  • 発行:平成27年(2015年) &copyright;2002
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784041031629
  • 296ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの仮面劇場』

6.3

猫度

3.0/10

おもしろさ

7.0/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA