書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』

赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』

 

一見、まったく偶然で無関係に思えた連続殺人。

卒業論文を仕上げたばかりの男子大学生が刺された。
発見したのは、一緒に論文を書いていた(というか、主に書いていた)女子大学生。

結婚式場に女が飛び込み、花嫁をナイフで狙った。
しかし、刺されたのは、とっさに彼女を庇った友人。その友人は、例の、恋人を刺された女子大生でもあった。

そして、花嫁と晴美は、古い友人同士でもあった。
晴美がかかわってくるとなれば、当然、事件はどんどん発達(?)して・・・!

*   *   *   *   *

片山義太郎は、警視庁捜査一課の刑事。30手前の独身男。
妹の晴美と一緒に住んでいる。晴美は現在、無職。
石津刑事は目黒署所属、自称・晴美の恋人。晴美の忠犬みたいな存在だ。
そして、ご存知、三毛猫ホームズ。誰よりも賢く、誰よりも勇敢なスーパーキャット。

猫が探偵として、人間以上の推理力で大活躍する時点で、すでに現実離れしているのだけれど。
今回のお話は、さらに現実離れしちゃっていて。

途中までは、それでも、まあ普通なんだけど。

謎の超美女(私のイメージでは女優の菜々緒さん・・・笑)が出現。
こともあろうに、あの栗原課長(義太郎の上司)に、モデルになると自ら申し出る。
栗原画伯などとおだてられて、課長もすっかりその気に。
いざ、その美女の自宅に訪問したら、そこがまた、現実離れした超々大金持ち!

・・・は、まあ、良いとして。

この結末はちょっとねえ?
後出しがすぎるような・・・

ホームズちゃん、今回は色々な鳴き声を披露してくれました。
ニャン、ニャー、ニャーッ!、ギャーはいつも通りとして、「カーッ」という鳴き方は初めてですニャ?
それから、久しぶりの「ニャーゴ」「ナーゴ」も。
最近は「フニャ」もけっこう言いますね。

それから、登場人物のある女性も猫を2匹飼っているそうで。
ま、ただ話題の流れで「飼っている」と出てくるだけで、その猫たちはまったく登場も何もしませんけれど。

ところで、義太郎の高所恐怖症。克服されつつあるのかな?
この作の少し前では、単純な勘違いだけで、6階の外壁に取りつけたし。
今回はもっと高いところから降りられたし。
女性恐怖症と、アルコールの弱さは、相変わらずのようですけれど。

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』

ホームズのお顔の色分けはできていますが、・・・前脚は、片方は真白なのです。残念。

赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの卒業論文』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:角川文庫
  • 発行:2017年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784041057506
  • 312ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』

赤川次郎『三毛猫ホームズの卒業論文』
6.3

猫度

3.0 /10

おもしろさ

7.0 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

6.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA