書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

 

定年直前の刑事を襲った悲劇。

その刑事は59歳、定年まであとわずか一ヶ月。
出世より現場を選んだ大ベテラン。
刑事という仕事は無理をしがちだ、その男の体も、長年の無理がたたって、かなり軋み声をあげていた。
が、男の望みは、この連続殺人犯の男を逮捕して引退の花道を飾ること。
痛む体をだましだまし、殺人犯を追い詰めて、ついに撃ちとったと思ったのに。

倒れたのは、違う男。まだ24歳の新人刑事。

誤って仲間を射殺してしまったのだ。
しかも、その現場を、殺人犯に見られていた・・・

老刑事の生活が狂っていく。
家族も、歯車の狂いに引き込まれて行く。

* * * * * *

片山義太郎、警視庁捜査一課の刑事、独身。ひょろりとした長身でなで肩、童顔、女性恐怖症・高所恐怖症・アルコールだめ・方向音痴。
片山晴美、今は無職、好奇心過剰で刑事ごっこ大好き。
石津刑事はそんな晴美にとことん惚れ込んでいる。目黒署所属なのにいつも義太郎=晴美にくっついて歩いている。

そして、三毛猫のホームズ。冷静沈着、勇猛果敢、頭脳明晰、忍耐強く、人間想いの、猫離れした猫。

今回も後出しも後出し、って感じの結末でしたが・・・
三毛猫ホームズシリーズは、読者との推理競合より、エンターテインメント性第一、アップテンポさが何より重要って感じの作品群なのですから、文句はいわずに、快適なスピードを楽しましょう、ってところでしょうか?
ほんわか人情も、殺伐とした憎悪も、軽いジョークも、重い人生も、全部ごった煮になっています。
このかき混ぜ方は、他の作家には到底真似はできない、まさに赤川ワールドですにゃあ。

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

三毛猫ですが、あいかわらず、ホームズの模様とは程遠いです・・・

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

小さな猫のイラストがあるのはよいけど、三毛猫でさえないし。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:2007年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334076511
  • 220ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの暗黒迷路』
6.5

猫度

3.5/10

面白さ

7.5/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA