書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』

 

晴美が失明!?。

爆弾事件に巻き込まれた晴美。
命に別状はなかったけれど、強い閃光を真正面からあびて、目が見えなくなってしまった。
おそらく失明は一時的、と診断されて、病院暮らし。

一方で。

元刑事の男。
引退後、妻を亡くし、家事のかの字もできず(というより、する気が無く)、汚れた部屋で、ぼんやりと過ごす毎日。
見るに見かねた娘夫婦が引き取ったが、ますますボーっと・・

そんなとき、その巨大団地内に不審者?を発見。
たちまち、元刑事としての使命感がめばえ、男は俄然張り切りだす・・・暴走しだす。

今回は、罪のない人ばかりが死んでいくような。
ちょっと切ないストーリー。
さすがの晴美も、目が見えなくては、大人しくしているしかなく、ホームズも晴美につきっきりで、片山義太郎ひとりが頑張っている感じ。

と、さてさて、ところで!

事件です。

三毛猫ホームズシリーズに、やっと、猫以外の動物が登場!
小型愛玩犬犬(品種は書いてないのでわかりません)、名前はネロ。
登場、といっても、端役も端役、数回1~2行ずつ言及されるだけですが、でもでも!
ホームズシリーズで、猫以外の動物で、名前までついて登場するなんて、たしか初めてですよね。初めてだったハズ。

この調子で、これからどんどん動物たちが登場するといいなあ。
だってこのシリーズ、主役は猫のホームズ!
そりゃ出番はあまり多くないし、ストーリーに都合よく使われているだけで、ちっとも猫らしくないけど(=猫ならではの描写なんてほぼ皆無だけど)、それがにゃんだ!
このシリーズの主役は三毛猫のホームズ。ホームズこそが最重要人物(ニャン物)。
猫が主役なら、他の動物たちもでてこ~い!

それから・・・
前回、晴美ってそれほどモテないよね、みたいなことを書いたら、今回はさっそく、モテた(笑)
といっても、相手は親子ほども歳が違う男だけど。
今回は晴美は目を負傷して、いつもとは比べ物にならない大人しさ。
なのに、いつも通り明るいし、いつもにまして勘は鋭くなっているし、これならモテて当たり前か?
顔は可愛いのですしね。

兄の義太郎?
もちろん、今回もモテています(笑)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの十字路』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 光文社文庫
  • 発行:2012年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334763916
  • 328ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:犬

 

目次(抜粋)

  • (付)
    〈三毛猫ホームズ〉シリーズ作品リスト

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』

赤川次郎『三毛猫ホームズの十字路』
6.5

猫度

3.5 /10

面白さ

7.5 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

6.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA