赤川次郎『三毛猫ホームズの用心棒』

赤川次郎『三毛猫ホームズの用心棒』

 

短編集。今回の登場人物たちは、女子高飛び込み選手、女子高校生、女流ピアニスト、女性弁護士、女性編集者、他と、女性ばかり(笑)・・・
そして、お馴染み。
片山義太郎、29歳、警視庁捜査一課の刑事。
妹晴美、22歳、兄とアパートに二人暮らし、いや二人+一匹暮らし。
三毛猫ホームズ、メスが、片山家に同居してやっている。
石津刑事は、自称晴美の恋人。大食い、大声、怪力の持ち主。

三毛猫ホームズの水泳教室

将来有望な水泳選手が、高飛び込みのプールに浮かんで死んでいた。
彼女は自由形選手だったが、高飛び込みも好きで、よく飛び込んでいたのだ。
発見したのは片山の友人。
最初は事故と思われたが、晴美似の女子大生が現れて殺人だと。
その女子大生の名は、赤川次郎ファンならお馴染みの、永井夕子・・・

三毛猫ホームズの英雄伝説

16歳の少女が暴漢に襲われた。
あわやというところで救ってくれたのは、偶然通りかかった中年男。
暴漢のナイフを取り上げて救ってくれたは良いけど、勢い余って殺害、過剰防衛と見なされてヒーローは刑務所に。

三毛猫ホームズの殺人協奏曲

若い女性ピアニスト。
彼女には熱烈なファンがいた。
通常のファンを通り越して、ストーカー状態?
常に彼女を監視している?

三毛猫ホームズのいたずら書き

彼女は弁護士をやめようとしていた。
ある殺人犯の弁護をしていたのだが、彼女の努力空しく、裁判で死刑が決まり、最初は無罪を主張していた犯人はなぜか控訴を取り下げ、死刑が執行されてしまったからだった。

三毛猫ホームズの用心棒

彼女はもう少しで痴漢に暴行されるところだった。
そこへ、どこからともなく現れた一人の男。
彼女を救ってさっそうと立ち去ったのは良かったが、実はその前にも不思議な事故?偶然?が続いていて・・・

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの用心棒』

赤川次郎『三毛猫ホームズの用心棒』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの用心棒』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 光文社文庫
  • 発行:2013年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334765644
  • 266ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 三毛猫ホームズの水泳教室
  • 三毛猫ホームズの英雄伝説
  • 三毛猫ホームズの殺人協奏曲
  • 三毛猫ホームズのいたずら書き
  • 三毛猫ホームズの用心棒
  • 解説 山前譲

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの用心棒』

7

猫度

3.0/10

面白さ

9.8/10

読みやすさ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

6.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA