書評:赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

 

三毛猫ホームズシリーズ、記念すべき50冊目。

にゃんと、三毛猫ホームズ、この作品で50冊目です。
すごいですね~!!
さすが猫!いえ、赤川次郎氏!

あ゛あ゛あ゛~~~
で、で、で、でも!
カッパノベルス。
いまだに、ホームズを、ちゃんと描いていません・・・

私は出版されたすべての本を見たわけではありません。
なので、私が知らないだけかもしれませんが、
それにしても、
それにしてもですよ?!

光文社・カッパノベルスの三毛猫ホームズシリーズで、私が持っている本のうち、、ホームズをちゃんとホームズとして描いていたのは、『三毛猫ホームズのプリマドンナ』くらいです。
初期に出版された『三毛猫ホームズの騎士道』でも、かなり近い姿で描かれてはいますが、顔の模様の分かれ方や背中の色配分などが、やはり少し違うのです。
それに対し、角川文庫版では、ホームズをちゃんと描いているので・・・なんか非常に残念・・・

と、

まずは猫愛護サイトとしての愚痴から(汗)

さてさて、作品の方ですが、

女子中学生が殺されます。
薄暗い繁華街、夜中といってよい遅い時間、本来なら女子中学生がいるべき場所ではないのですが、中学生も3年生となれば、子供から女性に育つ年頃。
中にはそういう場所に惹かれる子も出て来ます。
危ない雰囲気、背伸びした行為。
そして、・・・犠牲者。

その頃、晴美は、昔の友人に会っていました。
舞台女優として売れ始めた子でした。
その子の周囲でも、不穏な空気が・・・

この作品は、私はかなり好きです。
推理小説としても、後出しで無理やりつじつま合わせ、なんてところがなく、読みながら推理を楽しめます。
最近の作品では、無駄な殺人も減りました。深い傷は負っても、昔の作品のようにあっさり死ぬことは減ったような気がします。
もちろん、女子中学生等、罪のない人が殺される場面もあります。ミステリーというジャンルである限り、それはある意味で仕方ないこととも言えます。
それでも、やっぱり死人が少ないのは良いですね。
架空の小説内、すべてフィクションであることは、重々承知の上であっても。

それから、今回は、ホームズの移動はたいていバッグの中。
これも、私からみれば進歩!
そうです、町中での移動時は、猫は人間が運んであげてください。
よかったね、ホームズたん。

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

白猫です・・・

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

各章の冒頭に、こういうかわいいカットがあるのですが・・・三毛猫じゃない(涙)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの回り舞台』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:2015年
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:9784334077266
  • 253ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』

赤川次郎『三毛猫ホームズの回り舞台』
7.4

猫度

5.0 /10

面白さ

7.5 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA