赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』

赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』

 

ドイツの古城に飛んだホームズ一行。

警視庁に来たボディーガード件事件捜査の依頼。
捜査一課刑事の片山義太郎が任命されるのは良いとして、どうして、妹の晴美や猫のホームズ、さらに晴美の自称恋人・目黒署石津刑事まで、一緒について来るんだ?

場所は中世の城の中。
一般に、城には2種類ある。王侯貴族が贅沢に住むためのきらびやかな宮殿と、敵を防ぎ攻撃するための城塞と。

この城は、城塞として建てられたものだった。
だからきわめて頑丈で、陰気臭く、そして周囲にはお決まりの、深い掘り。
掘りに溜まっているのは、水ではなく、泥土。いわば底なし沼状態。

そんな、中世の古城に、ホームズ一行と資産家家族が閉じ込められた!

たったひとつの出入り口、跳ね橋が落とされて、誰も出られない。
古い城だから電話もない(まだ携帯の普及しない昭和ですからね)。

そんな密室、いえ、密城状態の中で、一人、また一人と殺される・・・

三毛猫ホームズの騎士道

いちおう「三毛猫」ではありますが、あんまりホームズっぽくありませんね。シャム系のほっそり南方系の体つきにテーパーテール、白が多い胴体、そして顔の色の分かれ方も、残念ながらふつう三毛では見られない分かれ方です。

この一冊は、ホームズシリーズの中でも私のお気に入りのひとつ。
ドイツは中世の古城という、非日常的な設定。
登場人物は日本人ばかりだが、多少は(笑)異国情緒もただよう。

また、ホームズのボキャブラリーも、今までのニャーン、ニャン、ギャー、ギャオの4種類から、ニャーゴ、ニャーオも増えて(笑)、ますます冴えわたる!の、だけど、
今回は登場時間が少なめなのが残念。
せっかく、日本の猫が、はるばるドイツまでやってきたのだから、もっと大活躍して、さらにドイツ猫友とかも作ってほしかったなあ。
なお、石津はとうとうホームズを「ホームズさん」とさん付けで呼び始める(笑)。
あ、石津に(あの猫恐怖症の石津に!)抱きしめられたときは、さしものホームズ嬢も「フニャオ、フニャオ」と困り切った声を出したっけ(笑x笑)。

で、せっかく平成の今なのですから、ドイツを旅したことの無い方はぜひ、「ベルグフリート Bergfried」とか、「中世 城 Schloss Mitteralter」と画像検索しながらお読みください。
きっとその方がもっと雰囲気が出ます。

(1988年2月20日)

三毛猫ホームズシリーズ

赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』

赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『三毛猫ホームズの騎士道』

  • 著:赤川次郎(あかがわ じろう)
  • 出版社:光文社 カッパノベルズ
  • 発行:昭和58年(1983年)
  • NDC:913.6(日本文学)推理小説
  • ISBN:4334025161
  • 252ページ
  • 登場ニャン物:ホームズ
  • 登場動物: -

 

 

著者について

赤川次郎(あかがわ じろう)

福岡県福岡市博多区出身。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞、1980年『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞、2006年第9回日本ミステリー文学大賞、2016年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。多作で知られ、2015年には580冊を突破、累計発行部数は2015年時点で3億3000万部を超えている。三毛猫ホームズシリーズ、三姉妹探偵団シリーズ、幽霊シリーズ、吸血鬼シリーズ他、シリーズ物も多い。

三毛猫ホームズシリーズ

(著者プロフィールはWikipedia他からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』

赤川次郎『三毛猫ホームズの騎士道』
7.7

猫度

3.5 /10

面白さ

8.5 /10

読みやすさ

9.0 /10

猫活躍度

8.5 /10

愛猫家へお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA