書評:赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

 

人間の文明の中に隠れるようにして、密かに、猫の文明が発展している?

日本人の心をもっとも端的に現すもののひとつに、茶道があげられることは、誰でも異存はないだろう。

赤瀬川氏は、子供のころ、家に犬も猫もいなく、どちらかといえば動物嫌いだったそうだ。
それが、大人になってから猫と接するようになった。
そして、人間同様、猫にも犬にもお茶の精神があることを発見(?)。

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

この本は、白黒の写真を1章に一枚ずつ出して、どのようにお茶会をしているのかを説明した本である。

どうということのない、日常風景の中に、わび・さび・を見つけ出し、さりげない猫の動作の中に、お茶の作法を見いだす。

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

「はじめに」の中で、作者はこう書いている。

たしかにこの話、冗談ではある。でも冗談だけではない。冗談の一言で立ち去る人は、ものごとに政治経済の一面だけしか見ることのできない人である。つまり文明を感受することができない。
page 6

あなたもおひとつ、猫たちとお茶会に参加しませんか?
犬の参加(=写真)も多くあります。

(2003.3.15)

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の文明』

  • 著:赤瀬川源平(あかせがわ げんぺい)
  • 出版社:毎日新聞社
  • 発行:2002年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4620315869
  • 177ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:クリ、ミヨ、他
  • 登場動物:犬

 

 

著者について

赤瀬川源平(あかせがわ げんぺい)

画家、作家。1980年、『父が消えた』(筆名・尾辻克彦)で第84階芥川賞受賞。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

赤瀬川源平『猫の文明』

赤瀬川源平『猫の文明』
7.3

猫度

7.0 /10

面白さ

7.0 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA