荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

 

かわいい写真がたくさん。

この本、ネコの飼育書のような題名だし、キャッチコピーにも「飼い方の基本ポイントと共同生活のコツ」と書いてあるが、実質は板東氏の写真集のようなもの。
可愛い写真に充ち満ちています。

飼育に関しては本当に基本中の基本を少々かいてあるだけです。
ちょっと解説の多い写真集だと思って見てください。

(2003.11.29)

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

愛らしい子猫たち

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

大人猫も

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

文章はすくなめ

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコとなかよく暮らす本』

  • 著:荒川千尋(あらかわ ちひろ)
  • 写真:板東寛司(ばんどう かんじ)
  • 出版社:日本文芸社
  • 発行:1998年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4537019695 9784537019391
  • 159ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:トラヨ、ミケヨ、アメヨ、フクヨ、他多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • PART1 ネコってホントに幸せなヤツ!
  • PART2 カワイイしぐさで気持ちをアピール
  • PART3 ネコとヒトのしあわせ生活
  • PART4 ネコ社会の不思議なオキテ
  • PART5 初めてネコを飼う人のお助けマニュアル

 

著者について

著:荒川千尋(あらかわ ちひろ)

上智大学国文科卒業後、出版社勤務を経て1998年に独立。ネコ・招き猫・縁起物・食などのテーマを中心に失費悦活動中。1993年に夫の坂東寛治とともに日本招猫倶楽部を設立、現在まで世話役をつとめる。

写真:板東寛司(ばんどう かんじ)

千葉大学写真工学科卒業後、出版社、映像制作会社を経て、1991年、個人事務所「風呂猫スタジオ」を設立。ネコ専門のカメラマン(キャトグラファー)として活動、年間に約200匹のネコを撮影する。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』

荒川千尋・板東寛司『ネコとなかよく暮らす本』
8.3

猫度

9.8 /10

面白さ

6.5 /10

かわいらしさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

8.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA