書評:西宮三代『ボス猫列伝』

西宮三代『ボス猫列伝』

 

写真:大津わこ。

ノラ猫を見かけると話しかける癖がある文筆家と、ノラ猫を見るとどうしても写真を撮ってしまう癖のある写真家。
こんにゃ二人が出合ってしまったら、もう、タッグを組むしかないでしょ(笑)

こうして、最強の”ノラ猫ペア”が誕生し、ある猫月刊誌で、「ボス猫列伝」の連載がはじまりました。

この本は、その連載をまとめたもの。30ニャンものボス猫たちが、ぞらり勢ぞろい。

さすがお外でボスを張るだけの猫たちです。ふてぶてしい面構え。連戦練磨のベテランらしく、汚れた子が多いし、傷跡が見える子も。
そして、どの子も、目つきが最高に良いのです。飼い猫にはない目つきです。実に私好みです♪

でも、著者も書いている通り、威張っているだけの乱暴猫なんて、実はいないんですよ。この寒空の下で、生きにくい人間社会とうまく折り合いながら(うまく利用しながら?)、仲間の猫たちを守って、賢くたくましく生きているのです。
野武士のような風格と、どっしり地に生えた誇り。
この子たちこそ、猫の中のネコにゃのです。

ボス猫、万歳(ばんにゃい)~~!

西宮三代『ボス猫列伝』

西宮三代『ボス猫列伝』表紙のネコは、ちょっと情けない顔もすることがあって、そこがまたイイ!

西宮三代『ボス猫列伝』

西宮三代『ボス猫列伝』

西宮三代『ボス猫列伝』

耳の欠けた子も。しかし、この風格♡

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ボス猫列伝』

  • 文:西宮三代
  • 写真:大津わこ
  • 出版社:双葉社
  • 発行:1999年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:457529005X 9784575290059
  • 127ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • はじめに
  • 1 公園の人気者は愛敬いっぱいのボス猫”ゴンちゃん”
  • 2 悪役商会真っ青の恐い顔ボス猫”ウッシー”
  • 3 人にこびずノラ魂をつらぬく顔じゅう傷だらけの白黒ボス
  • (中略)
  • 28 家族にやさしく敵にはキバをむく学生街のボス猫”クロちゃん”
  • 29 カラスがつついても動じない噂どおりの賢いボス猫”シロ”
  • 30 屋台の主人に可愛がられる2代目キジトラのボス
  • あとがき
  • 著者紹介

 

著者について

西宮三代(にしみや みよ)

医学、健康系が特にのフリーライターだが、猫ウォッチャーとしての顔も持つ。

大津わこ(おおつ わこ)

猫を見ればついシャッターを押してしまうほどのねこ好き。特にノラ猫には芽が無い。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

西宮三代『ボス猫列伝』

西宮三代『ボス猫列伝』
9.1

猫度

9.9 /10

おもしろさ

8.5 /10

画像

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA