書評:出久根達郎『猫にマタタビの旅』

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

 

『猫の似づら絵師』の続編。

時は文政元年。
主な登場人物は3人。
猫の似顔絵を描いてなりわいとする銀太郎、26歳。
同い年で貧乏神売りの丹三郎。
風呂嫌いで物知りで、年中うどんをこねている謎の絵師、垢餓鬼源蔵。

あるときは、銀太郎、ある女将に頼まれた。
泊まりがかりの地に遠出して、金目銀目の猫(今でいえばオッドアイね)を連れ帰ってほしいという。
さっそく出かけた銀太郎、しかしもちろん、そう簡単に言って帰って無事終了、なんてことにはならぬ。

またあるときは、年老いた猫を捨ててきてほしいと頼まれた。
銀太郎は、猫の似顔絵を描くのが商売であって、猫捨て屋ではない。
が、事情を聞けば(そしてお駄賃ももらえば)、むこうにはむこうの言い分があり、内心納得はできないものの、無下にも出来ず。

またあるときは、美味しいうどんを喰おうと、3人連れだってはるばる上州まで出かけたが、その地には猫絵で知られる殿様がいた。
その後、子(鼠)の神社に捕らわれて、大ピンチに陥ったり、怪しげなうどん屋から女性を救い出したり、貸本ですったもんだがあったり、なんだかんだと騒ぎが続く。

そして、謎の絵師、源蔵の正体とは?

生きた猫はあまり出てこないけれど、どこへ行っても、猫、猫、猫。
猫の絵、猫の自慢、猫を捜す、猫が逃げた、云々と、猫まみれ。

猫好きさんなら、きっと楽しいですよん。

なお、このシリーズは『猫も杓子も猫かぶり』に続きます。

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫にマタタビの旅』

  • 著:出久根達郎(でくね たつろう)
  • 出版社:文藝春秋
  • 発行:2001年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4163200800 9784163200804
  • 253ページ
  • 登場ニャン物:長兵衛、好太郎、剣菱丸、白
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • ねこにマタタビの旅
  • 禍福は猫の目
  • ぐるっと回って猫屋敷
  • 鼠の猫じゃらし
  • 猫なで声うどん
  • 猫のひたいで盆踊り
  • 人も猫も猫かぶり

 

著者について

出久根達郎(でくね たつろう)

茨木に生まれる。1973年から杉並区高円寺で古書店を営む。著書に85年『古本奇讀』、87年『古書彷徨』がある。著書多数。日本語の持ち味をフルに生かした文体で、庶民の暮らし、心を伝える書き手として、最も注目されている。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

出久根達郎『猫にマタタビの旅』

出久根達郎『猫にマタタビの旅』
8.5

猫度

7.5 /10

面白さ

8.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA