ギャリコ『猫語の教科書』

ギャリコ『猫語の教科書』

 

猫と暮らすなら、必読の書。

猫好きの間ではとても評判の良い本です。

ある子猫が、どうやって人間を“たぶらかし”、暖かい家を“乗っ取った”か、その技術を、子猫や、まだ乗っ取りに成功していない猫仲間に伝えるため、猫がタイプライターを駆使して書いたという設定になっています。

でも内容は、下手な猫飼育書よりよほど的を得ていて、勉強になります。猫の気持ち、行動、しぐさの意味。それらが良く分かって、まるで猫の心理学書?
しかも、どのシーンも手に取るように具体的。
「そうそう、こんなふうにして私も猫に魂を奪われちゃったのよね」
なんて頷きながら読む人は多いでしょう。

写真も可愛いのです。
いわゆる血統書付きではない、ごく普通の猫ちゃんなのですが、何とも言えず魅力的な目をしています。

ギャリコ氏は他に、「ジェニー」、「トマシーナ」、「スノーグース」や「小さな奇跡」など、猫や動物を題材にした、優しさあふれる珠のような作品が多くあります。
世界中に熱烈なファンの多い作家です。

(2002.4.10)

=^_^= 著猫(ちょしゃ)略歴 =^_^=

交通事故で母を亡くし、生後6週間にして広い世の中に放りだされる。1週間ほどの野外生活を経て、人間の家の乗っ取りを決意。持前の器量を発揮し、居心地のいい家庭に首尾よく入りこむ。飼い主を思いのままにしつけた豊かな経験を生かし本書を執筆。四匹の子猫(こども)たちを理想的な家庭へと巣立たせた後は、いっそう快適な生活を送りつづけている。

ギャリコ『猫語の教科書』

執筆する著者(著猫)

ギャリコ『猫語の教科書』

原文(笑)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫語の教科書』

  • 著:ポール・ギャリコ Paul Gallico
  • 訳:灰島かり(はいじま かり)
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行:1995年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4480831614 9784480831613
  • 157ページ
  • モノクロ
  • 原書:”The Silent Miaow : a manual for kittens, strays, and homeless cats” c1964
  • 登場ニャン物:ツィツァ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 編集者のまえがき
  •  
  • 第1章 人間の家をのっとる方法
  • 第2章 人間ってどういう生き物?
  • 第3章 猫の持ち物、猫の居場所
  • 第4章 獣医にかかるとき
  • 第5章 おいしいものを食べるには
  • 第6章 食卓でのおすそわけ
  • 第7章 魅惑の表情をつくる
  • 第8章 ドアをどうする?
  • 第9章 クリスマスのおたのしみ
  • 第10章 旅行におともするコツ
  • 第11章 母になるということ
  • 第12章 じょうずな話し方
  • 第13章 猫にとっての正しいマナー
  • 第14章 愛について
  • 第15章 別宅を持ってしまったら
  • 第16章 これはしょちゃダメ
  • 第17章 じゃまする楽しみ
  • 第18章 子猫のしつけと子猫の自立
  • 第19章 終わりに
  •  
  • 写真家のメモ

 

著者について

ポール・ギャリコ Paul Gallico

1898年、ニューヨークに生まれる。スポーツ・ライターを経て作家へ。ストーリーテラーとして稀に見る才能を持ち、その作品にはすでに古典となっているものも多い。代表作に『ポセイドン・アドベンチャー』『雪のひとひら』『ハリスおばさんパリへ行く』など。また、無類の猫好きとしても知られ、猫を主人公とした小説『ジェニィ』『タマシーナ』は世界中の猫好きから愛されている。1976年、モナコにて没。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ギャリコ『猫語の教科書』

ギャリコ『猫語の教科書』
9.5

猫度

9.9 /10

おもしろさ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA