書評:東野圭吾『予知夢』

予知夢

 

テレビドラマにもなったあの「ガリレオ」シリーズ。

猫が出てくる本、というほどの登場でもありませんけれどね。

ミステリー短編集。天才物理学者・湯川学、あだ名「ガリレオ」氏が、鋭い知能と観察眼で、難事件をさらさらと解決していく。
テレビドラマにもなった人気シリーズだから、ご存知の方も多いだろう。

この『予知夢』には第一章~第五章の5編の短編が納められ、そのうちの「第二章 霊観る みえる」に、猫がちらりと出てくる。事件解決の重要なヒントともなっている。

その猫は、お決まりの「白いペルシア猫」で・・・なぜかミステリーに脇役で出てくる猫は「白いペルシア猫」が圧倒的に多いような気がするのだけど、どうしてだろう?やっぱり映画「007シリーズ」の悪役プロフェルドの印象が根強く残っているのかなあ。いつも膝の白いペルシャ猫を撫でていたハゲ男である。同じミステリーでも、主役級の猫となると、短毛雑種猫が大活躍することが多いんですけれどね。

だから逆に、ミステリー小説で「白いペルシャ猫」がでてきたら、猫自身は何もしないけど何か重要なヒントなんだなと考えて、まず外れることは無い。どれほどさりげない登場でも、たいてい何かのヒントにはなっていますから。面白いくらいに。

予知夢

帯と一緒に

と、いうことで。

猫サイトならではの、猫好きとしての、推理小説の楽しみ方・提案その1?で、ございました。

え?本全体のレビュー?

そんな、短編ミステリーで詳細な書評なんてヤボなこと、するわけないじゃないですか。どう書いたってレビューにネタバレはつきものですもん。

登場人物は、一人の天才物理学者と、昔同級生だった刑事、内容は、ミステリアスで神秘的なな殺人事件が計5件。そのうちの1件に、白いペルシア猫がちらっと出て来ます。それだけのことです。

(2017.6.24.)

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『予知夢』

  • 著:東野圭吾(ひがしの けいご)
  • 訳:姓名(ひらがな)
  • 出版社 : (株)文芸春秋 文春文庫
  • 発行年 : 2003年8月10日
  • NDC : 913.6(日本文学) 短編推理小説集
  • ISBN : 9784167110086
  • 270ページ
  • 登場ニャン物 : 無名
  • 登場動物 : ―

 

目次(抜粋)

  • 第一章 夢想る ゆめみる
  • 第二章 霊視る みえる
  • 第三章 霊騒ぐ さわぐ
  • 第四章 絞殺る しめる
  • 第五章 予知る しる
  • 解説・三橋暁

 

著者について

東野圭吾 (ひがしの けいご)

1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。99年、「秘密」で日本推理作家協会賞受賞。2006年、「容疑者Xの献身」で直樹三十五賞受賞。同署は本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリーベスト10」各第1位にも輝き、12年にはエドガー賞候補作となった。同年、「ナミヤ雑貨店の奇跡」で中央公論文芸賞、13年に「夢幻花」で柴田錬三郎賞、14年に「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)

予知夢

予知夢裏表紙


ショッピングカート

 

東野圭吾『予知夢』

0.00
東野圭吾『予知夢』
5.4

猫度

0.5/10

面白さ

6.5/10

読みやすさ

8.0/10

おすすめ度

6.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA