書評:星野智幸『われら猫の子』

星野智幸『われら猫の子』

 

表紙の猫がとても美しいが。

星野智幸『われら猫の子』

星野智幸『われら猫の子』表紙の部分アップ

タイトルは「われら猫の子」だし、カバーの絵もきれいな猫たちの絵で、さぞ猫がでてくるだろうと期待したのですが、違いました。

収録されている11編の短編のうち、猫が出てくるのは表題にもなっている「われら猫の子」だけで、それも、それが猫でなければならないようなストーリーとは感じられず、唐突に猫が出て来て、しかもただの脇役。
いや、脇役といえるほどの役すらない存在です。
だから「猫本」ではありません。

どの話も非常に幻想的。
私は「紙女」と「チノ」が面白いと思い、サッカーに興味ないから「翻訳実況中継」は面白くなかったけど、読む人によって感想も好みも色々違ってくるでしょう。
好きな方はきっとツボにはまるのでは?

(2008.8.28.)

星野智幸『われら猫の子』

星野智幸『われら猫の子』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『われら猫の子』

  • 著:星野智幸(ほしの ともゆき)
  • 出版社:講談社
  • 発行:2006年
  • NDC:913.6(日本文学)短篇小説集
  • ISBN:4062136953
  • 210ページ
  • 登場ニャン物:サッカー
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

紙女
チノ
トレド教団
われら猫の子
ペーパームーン
翻訳実況中継
夢を泳ぐ魚たち
砂の老人

ててなし子クラブ
エア

 

著者について

星野智幸(ほしの ともゆき)

アメリカ・ロサンゼルス市生まれ。二歳半で日本に帰国。一九八八年、早稲田大学卒業。新聞社を退社後、メキシコに留学する。一九九七年『最後の吐息』で第三四回文藝賞を受賞しデビュー。二〇〇〇年『目覚めよと人魚はうたう』で第十三回三島由紀夫賞を、二〇〇三年『ファンタジスタ』で第二十五回野間文芸新人賞を受賞している。その他の著書に『毒身温泉』『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『在日ヲロシア人の悲劇』『虹とクロエの物語』などがある。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

星野智幸『われら猫の子』

星野智幸『われら猫の子』
3.8

猫度

1.5/10

面白さ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

3.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA