書評:ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

 

雪深い山荘で、猫たちだけを相手に。

“私”は離婚し、雪の中の山荘へと旅立つ。
2匹の猫たちだけを連れて。

雪に閉ざされた小屋で、ネコのヴィニーは人語を語り出す。
さらにシロクマのサイモンも加わって、不思議な世界が展開される。

言葉をしゃべるネコとクマと、それから、自分たちの分身らしき人物やネコたち、その他、かなり幻想的な世界ではある。

周囲は雪にすっかりとざされて、近所に人家はない。
電話も通じないし、燃料の薪もない。
食べ物だけは豊富にある。

奴隷のようによく働くクマ。
とりすました雄猫ヴィニー。
踊ってばかりいる牝猫ソフィー。

“私”は大けがをし、すると、雪の中からまってましたとばかりに元気な女性が現れて・・。

私がもっと若ければ(十代)共感できたかも知れないけれど、歳を取ったせいかいまいち小説の世界に入り込めなかった。
自分探しが最大のテーマとなっている小説。

著者は小説家で劇作家で女優だそうだ。

(2005.11.15)

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『恋人はタキシードを着たネコ』

  • 著:ベッツィ・ハウイー Betsy Howie
  • 訳:道下匡子(みちした きょうこ)
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行:1999年
  • NDC:933(英文学)アメリカ 小説 
  • ISBN:430920323X
  • 244ページ
  • 原書: “Snow” C1997
  • 登場ニャン物:ヴィニー(ヴィンセント)、ソフィー、シッド、クララ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

ベッツィ・ハウイー Betsy Howie

小説家、劇作家、そして女優。ミシガン州に生まれる。ニューヨーク大学で演劇を学び、在学中に劇作家、舞台所風としてデビュー。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』

ハウイー『恋人はタキシードを着たネコ』
7.4

猫度

7.5/10

面白さ

6.0/10

猫活躍度

8.5/10

愛猫家へお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA