『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

 

小動物VT講座、中村孝・松田浩珍編。

獣医学の専門書。

一般飼い主が買うような本ではないが、猫は泌尿系の病気にかかりやすいので、参考になるかと買ってみた。

基礎編と実践編に大きく分けられている。

基礎編は、
第1章 泌尿生殖器の構造と働き(解剖学・生理学)
第2章 泌尿生殖器の異常(病理学)

解剖図や、各器官の名称、役割や働き、など。
どんな病気があるか、どういう状態になると異常なのか、どのように見分けるのか、原因は何か、など、まさに獣医学書。

実践編は、
第3章 泌尿生殖器疾患に関する検査(臨床病理学)
第4章 泌尿生殖器疾患の内科療法(内科学)
第5章 泌尿生殖器疾患の食事療法(栄養学)
第6章 泌尿生殖器疾患の外科療法(外科学)

検査の仕方や治療の仕方、医療器具や、与えるべき薬、食事療法、その他その他。
専門用語も多い。

正直、何が書いてあるのかさっぱりわからん(汗)。
医学知識がある人がこ購入ください。

(2003.12.22)

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』page 18

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』
小動物VT講座

  • 編:中村孝・松田浩珍
  • 出版社:インターズー
  • 発行:1995年
  • NDC:649(獣医学)
  • ISBN:4900573329 9784900573321
  • 111ページ
  • 登場ニャン物:
  • 登場動物:

 

目次(抜粋)

基礎編
第1章 泌尿生殖器の構造と働き(解剖学・生理学)
第2章 泌尿生殖器の異常(病理学)

実践編
第3章 泌尿生殖器疾患に関する検査(臨床病理学)
第4章 泌尿生殖器疾患の内科療法(内科学)
第5章 泌尿生殖器疾患の食事療法(栄養学)
第6章 泌尿生殖器疾患の外科療法(外科学)

 


ショッピングカート

 

『犬と猫の泌尿生殖器疾患』

7.9

動物度

9.8/10

情報度

9.8/10

猫好きさんへお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA