書評:岩崎るりは『猫だって笑う』

岩崎るりは『猫だって笑う』

 

写真満載の、楽しい一冊。

副題は、「100倍可愛くなる猫の教科書」。猫のことを本当によくご存知の方の本だと思いました。

「第一章 猫のファッション史」。

清少納言が愛した「背中は黒くてお腹が白い猫」は「十二単タイプ」、江戸時代に好まれたボンボンシッポの猫は「浮世絵タイプ」と名付けるなど、猫の歴史と好みの変遷を楽しくダイジェストで紹介。

「第二章 猫の男と女」

今までの猫本にはない視点で面白い。
猫の男と女、通常は雄と雌と表現されるところだが、性差はあるのか?行動は?知能は?気だては?
あなたにふさわしいのは雄猫?雌猫?

「第三章 化けて祟る猫 それでもパートナーにしたい?」

化け猫伝説や猫の霊感などについて。人には理解できない、猫の不思議な能力。それでも、いや多分、だからいっそう愛される猫という存在。

「第四章 猫の気も知らないで!」

猫のボディーランゲージを読み取る方法について。
耳やシッポや、「猫だって笑う!?」など。

「第五章 ベストパートナーはどんな猫」

この章には面白い分類がある。人間の「血液型性格占い」よりもっと楽しい、「毛色や模様からわかる猫の気質」。
三毛猫の性格は?
猫と一緒にノンビリ、グウタラしたい人に最適な毛色は?
ほかに、猫の目の色や品種の説明なども。

猫初心者にも猫ベテランにもお勧めできる一冊です。

(2007.12.24.)

岩崎るりは『猫だって笑う』

岩崎るりは『猫だって笑う』

岩崎るりは『猫だって笑う』

カラー写真が多く詠みやすい

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫だって笑う』
 100倍可愛くなる猫の教科書

  • 文:岩崎るりは(いわさき るりは)
  • 写真:古瀬恵一(ふるせ けいいち)
  • 出版社:小学館文庫
  • 発行:2007年
  • NDC: 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:9784094187144
  • 141ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物: 多数
  • 登場動物: -

 

 

著者について

岩崎るりは(いわさき るりは)

作家、サイエンスライター、猫研究家。猫の科学書『猫のなるほど不思議学』(講談社ブルーバックス)で、猫の生態を究明。その他著書に古瀬との写真コラボとして『猫のさとり』(マガジン・マガジン)など

古瀬恵一(ふるせ けいいち)

写真家。得意な被写体は山と花と猫。ガイドブック『志賀・浅間を歩く』や『満開の山』などをはじめ、雑誌『山と渓谷』(山と渓谷社)『BE-PAL』(小学館)などで写真&記事を発表。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

岩崎るりは『猫だって笑う』

岩崎るりは『猫だって笑う』
9

猫度

10.0 /10

情報度

8.5 /10

お役立ち度

8.5 /10

おすすめ度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA