書評:『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

 

『1 総論/原虫』、『2 蠕虫、他』。

どっしりと大きくて分厚い、2冊一組の本。

実に詳細で嬉しくなってしまう。
安い本ではないけれど、それだけの価値は十分にある。

一般受けする本とは思えないが、動物医療関係でなくとも、寄生虫そのものに興味のある方は、図鑑感覚で買って決して損はないと思う。
ただし、モノクロなので、きれいな図版を求めている人には不向きかも。
ビジュアルではなく、その虫の詳細を知りたい人向け。

(2008.8.31)

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』
『1 総論/原虫』、『2 蠕虫、他』

  • 著:石井俊雄著(いしい としお)、今井壮一編(いまい そういち)
  • 出版社:講談社サイエンティフィク
  • 発行:2007年
  • NDC:649
  • ISBN:9784061537279、9784061537286
  • 223ページ、295ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:寄生虫たち

 

『1 総論/原虫』 目次(抜粋)

総論

1 寄生と寄生虫
 1.1 寄生虫とは
 1.2 寄生様式
 1.3 宿主

2 獣医寄生虫学と獣医寄生虫病学
 2.1 病原性、発病にかかわる要因
  A 寄生虫側の要因
  B 宿主側の要因
  C 間接的な病害
 2.2 寄生適応と病害
 2.3 家畜寄生虫病の特性
  A 多頭羽数飼育
  B 放牧、とくに山地放牧
  C 発行オガクズ養豚と豚鞭虫症、肝白斑
  D 突然死型乳頭糞線虫症
  E 発育休止と春期顕性化現象
 2.4 寄生虫感染における免疫現象
  A 再感染に対する宿主の反応
  B 宿主の免疫反応に対する寄生虫の防衛機構

3 寄生虫学的診断
 3.1 寄生虫病の診断
  A 個体診断と集団検診
  B 直接診断
  C 間接診断
  D 特殊な診断
 3.2 虫卵検査
  A 虫卵検査法選択の基本
  B 虫卵検査の基本的な条件と特徴
  C 虫卵、消化管内原虫シストの比重と抵抗性
  D 浮遊法における静置時間
  E ホルマリン・エーテル法
  F 特殊な虫卵検査法
  G 定性試験(虫卵の識別・同定)
  H 定量試験
 3.3 免疫学的診断
  A 寄生虫学分野における一般的・実用的な免疫学的検査法
  B 寄生虫学分野に特有な免疫学的検査法

4 寄生虫病の予防
 4.1 一般論
  A 外界における抵抗型
  B 中間宿主/媒介動物(ベクター)
 4.2 保虫宿主
 4.3 薬剤による予防
  A 定期集団検診・集団駆虫
  B 治療的予防
 4.4 免疫学的手段による予防
  A ワクチン
  B 計画感染
  C 非特異免疫の付与

5 寄生虫業の治療・駆虫
 5.1 駆虫方法・手段
 5.2 駆虫剤
  A 抗原虫剤
  B 抗蠕虫剤
 5.3 殺虫剤
各論

1 原虫類 PROTOZOA

1.1 原虫の特徴
 A 形態
 B 増殖・発育
 C 分類

1.2 アビコンプレックス類
 A コクシジウム類
鶏のコクシジウム/牛のコクシジウム/山羊・めん羊のコクシジウム/豚のコクシジウム/ウサギのコクシジウム/モルモットのコクシジウム/ラットのコクシジウム/マウスのコクシジウム/犬・ネコのコクシジウム/トキソプラズマ/ネオスポラ/サルコシスチス/ベスノイチア/ハモンディア/クリプトスポリジウム/カリオスプラ
 B 住血胞子虫類
ロイコチトゾーン/鶏のマラリア原虫/サルのマラリア原虫
 C ピロプラズマ類
牛のピロプラズマ/馬のピロプラズマ/犬のピロプラズマ/猫のピロプラズマ
[補]住血性リケッチア
アナプラズマ/エペリスロゾーン/ヘモバルトネラ/エールリッヒア
 D その他のアピコンプレックス類
ヘパトゾーン/ヘモグレガリナ

1.3 微胞子虫類
エンケファリトゾーン/ノセマ

1.4 鞭毛虫類
 A トリパノソーマ類
トリパノソーマ/リーシュマニア
 B キロマスティクス
 C トリコモナス類
胎仔トリコモナス・牛生殖器トリコモナス/膣トリコモナス/腸トリコモナス/ハトトリコモナス/ニワトリトリコモナス/モノセルコモナス/ヒストモナス
 D ディプロモナス類
ヘキサミタ/ジアルジア

1.5 肉質虫類
赤痢アメーバ/他のアメーバ類/自由生活性アメーバの偶発寄生

1.6 繊毛虫類
大腸バランチジウム/モルモットのバランチジウム/バクストネラ/ルーメン内繊毛虫

1.7 その他
ニューモシチス

付録 法律で規制されている寄生虫病
おもな獣医寄生虫学・獣医寄生虫病学関係書籍
索引 和文索引
欧文索引

『2 蠕虫、他』 目次(抜粋)

2 蠕虫(ぜんちゅう)他

各論

2 吸虫類 TREMATODA
 2.1 吸虫類の特徴
 2.2 肝蛭類
 2.3 双口吸虫類
 2.4 二腔吸虫類
 2.5 重口吸虫類
 2.6 棘口吸虫類
 2.7 住胞吸虫類
 2.8 後睾吸虫類
 2.9 異形吸虫類
 2.10 斜睾吸虫類
 2.11 住血吸虫類

3 条虫類 CESTODA
 3.1 条虫類の特徴
 3.2 擬葉類
    裂頭条虫類
 3.3 円葉類
  A 馬の条虫類
  B 反芻動物の条虫類
  C 肉食獣の条虫類
  D ヒトの条虫類
  E げっ歯類の条虫類
  F 家禽の条虫類

4 線虫類 NEMATODA
 4.1 線虫類の特徴
  A 形態
  B 発育環
  C分類
 4.2 回虫類
  A 回虫科
  B アニサキス科
  C 盲腸虫類
 4.3 蟯虫類
 4.4 円虫類
  A 馬の円虫類(大円虫類)
  B 馬の小形円虫類(小円虫類)
  C 反芻動物の胃に寄生する毛様線虫類
  D 反芻動物の小腸に寄生する毛様線虫類
  E 豚の胃に寄生する毛様線虫類
  F 腸結節虫類
  G 鉤虫類
  [付] ヒトの鉤虫
  H 肺虫類
  I 開嘴虫類
 4.5 糞線虫類
 4.6 旋尾線虫類
  A 眼虫類
  B 食道虫類
  C 馬の胃虫
  D 豚の胃虫
  E 鶏の胃虫
  F 猫の胃虫
  G 顎口虫類
 4.7 糸状虫類
  A 犬の糸状虫
  B 馬の糸状虫
  C 牛の糸状虫
 4.8 エノプリダ類
  A 鞭虫類
  B 毛細線虫類(毛体虫類)
  C 旋毛虫類
  D 腎虫類

5 鉤頭虫類 ACANTHOCEPHALA

6 舌虫類 LINGUATULIDA

7 内部寄生期のある節足動物

付録 法律で規制されている寄生虫病
    おもな獣医寄生虫学・獣医寄生虫病学関係書籍
索引 和文索引
    欧文索引

 

著者について

石井俊雄(いしい としお)

医学博士(故人)。1951年東京大学農学部獣医学科卒業。元 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)名誉教授。

今井壮一(いまい そういち)

農学博士。1976年東北大学大学院農学研究科修了。現在 日本獣医生命科学大学獣医学部教授。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』

『改訂 獣医寄生虫学・寄生虫病学』
7.1

生物度

9.9/10

面白さ

5.0/10

情報度

9.5/10

猫好きさんへのお勧め度

4.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA