北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

 

『化けて踊って恩返し』。

江戸時代の化け猫談を集めたもの。

昔、日本では、猫は化けるとされていた。
江戸時代の作者達は、とても信じられないような化け猫の話を「それを実際にあった話として」数多く「記録」していた。
それらの「記録」によると、普通の猫は10年以上長生きすれば化けるようになるという。
狐との合いの子なら、それ以下の年齢で化け猫の域に達する。

典型的な化け猫話では、猫が老女を喰い殺し、骨を屋根裏や縁の下に隠して、老女に化け、そのままその家に住み続ける。 それを孝行息子が何かの拍子に見破って退治する、というもの。

なぜか猫が喰い殺すのは、常に老女。
赤ん坊や、老人でも男はおそわないらしい。
そして、化けるのも常に女の姿。
狐や狸は、人間はもちろん、他の動物や静物にまで化けるそうだが、猫は人間の女専門らしい。

それから、踊る猫の奇談。
なぜかかならず手ぬぐいが必要だというところが少々可笑しい。

そして、人語を話す猫。
これは、10年も長生きすればどんな猫でも本当は話せるそうだ。

あとは、猫の恩返し、狐・鼠・犬との奇話、怪猫あらかると、などなど。総計85話もの猫奇談が集められている。

(2002.12.16)

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

  • 著:北嶋廣敏 (きたじま ひろとし)
  • 出版社:太陽企画出版
  • 発行:2001年
  • NDC:914(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:4884663551 9784884663551
  • 238ページ
  • 登場ニャン物:江戸時代の化け猫たち
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

序章 江戸の不思議な猫たち
第1章 化ける猫
第2章 踊りをおどる猫
3章 ものいう猫
第4章 猫の恩返し
第5章 死者と猫
第6章 狐とつきあう猫
第7章 猫と鼠の奇話
第8章 猫と犬の奇話
第9章 怪猫あらかると
文献解題

 


ショッピングカート

 

北嶋廣敏『ちょっと怖くて不思議な猫の話』

8.4

猫度

9.5/10

面白さ

7.5/10

情報度

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA