書評:モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

 

副題『いつでもどこでもネコ町物語』。

『いつでもどこでもネコ町物語・・ナーゴ』の続編。
縦に細長い製本も同じ形。

今回は子猫ばかり、総勢73匹です。
内容的には、前作とほぼ同じ構成で、猫たちを1匹ずつ見開きで紹介しています。

ふわっと柔らかいタッチ、優しい色合い、しなやかな体つき。
パフパフな子猫たちだけど、ただかわいいばかりな子だけでなく、ちょいワルな目つきの子とか、いかにも悪戯そうな子もいて、そこがまた猫好きの心をくすぐるのです。

子猫というのは、やんちゃで悪戯な存在です。それに、ちっともじっとしていない(じっとしている子猫がいたら病気です)。

子猫と遊ぶと、針のように細い爪がちくちく突き刺さるし、噛みつかれるとまだ力加減が分からないから痛いし、どこでも入っちゃうし、登っちゃうし、恐いもの知らずで好奇心の塊、はい、まるで小悪魔のような面もあります。
そこがまた可愛くてたまらないんですけど。

でもだからこそ、お人形さんみたいな子猫ばかりでは、嘘っぽくて、魅力も半減しちゃうんですよね。

この本は、悪そうな子猫もちゃんと描かれていて、ああ猫を知っている方だなと、ますます魅せられてしまいます。
ちっちゃいのが、一生懸命、悪ぶった目つきをしている様子、もぉもぉ、食べちゃいたいくらいに可愛い!可愛くて堪りません!!

遊び心もいっぱい。
「猫帽子」とか「猫鼻」なんてものの型紙もあります。
作り方も丁寧に書いてあります。
お子さんと作って遊ぶのはもちろん、大人だけのパーティーでも、コスプレとしていかがですか(笑)

巻末の猫シールも、猫好きにはうれしいですね(もったいなくてまだ使っていませんが)。

(2003.1.20)

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

前作につづいて、細長い製本。

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』せいぞろい!

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

これがナーゴ市。

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

猫耳の作り方。

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

とにかくとにかく、強烈にかわいい本です。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ナーゴの子猫たち』
いつでもどこでも猫町物語

  • 著:モーリーあざみ野(もーりー あざみの)
  • 出版社:日本放送出版協会
  • 発行:2002年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:4140054034 9784140054031
  • 226ページ
  • オールカラー
  • 登場ニャン物:総勢73ニャン
  • 登場動物:-

 

 


ショッピングカート

 

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』

モーリーあざみ野『ナーゴの子猫たち』
9.4

猫度

10.0 /10

面白さ

8.0 /10

画像

9.8 /10

猫好きさんへお勧め度

9.8 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA