書評:永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』

 

猫専門漫画誌「ねこぱんち」掲載。

江戸時代。
十兵衛は、猫絵専門の絵師。
昔は、鼠除けに、猫を飼うだけでなく、猫の絵を飾る風習がありました。
猫は鼠の大敵。本物の猫でなくても、絵で鼠を追い払えると思われていたのです。

それほど猫の力が信じられていた時代でもありました。

十兵衛は、背中の箱に、いつも愛猫のニタを背負っています。
その姿で、

「絵を描こう~ 猫描こう~ 絵はいらぬか 鼠除け猫の絵~」

と呼びながら、江戸の街を流します。

このニタが、実は、猫股なのです。
どてらを着て囲炉裏にあぐらで酒を飲んでいたり、長キセルでプカプカとタバコを吸っていたりします。
もちろん、人語もあやつります。
十兵衛とだけですが。

十兵衛が猫の絵を描くと、ニタが魂を吹き込みます。
十兵衛の絵は、すごく上手いとはいいがたいのですが、ニタのお陰で効力はあります。

十兵衛とニタのまわりには、さまざまな猫事件が発生します。
視力を失いそうなお爺さんと、その愛猫。
我儘一杯に育てられたお坊ちゃまと、その愛猫。
美しい花魁と、その愛猫。
老舗と、化け猫と、化け猫と戦う愛猫。
その他その他。

猫の絵がとても魅力的です。
変にデフォルメされたりしていません。
やたら可愛くされてもいません。
いかにもその辺にいそうな、ふつうの猫の様子が、実に味わい深くて良いのです。

読み切りなので、どこから読み始めても良いのですが、猫好きさんなら、ぜひ最初の1巻目からどうぞ。

永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』(1)裏表紙

永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』(1)カバー裏

永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』(1)中表紙

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫絵十兵衛』
~御伽草紙一~

  • 著:永尾まる(ながお まる)
  • 出版社:少年画報社
  • 発行:2008年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784785930769
  • 218ページ
  • 登場ニャン物:ニタ、他多数
  • 登場動物:

 


ショッピングカート

 

永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』カレンダー。「お江戸ねこぱんち」の付録でした。いいでしょ♪

永尾まる『猫絵十兵衛』

永尾まる『猫絵十兵衛』
9

猫度

9.5 /10

面白さ

8.0 /10

画像

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

書評:永尾まる『猫絵十兵衛』” に対して 2 件のコメントがあります

  1. catwings より:

    昔々・・・と言っても多分、10年位前だと思います。
    数年間、猫パンチを購入していました。
    私が読み始めた時には、たしかまだ本になっていなかったと思います。
    懐かしいですね。
    猫パンチは、毎号読んでいると飽きて来ちゃって買わなくなりました。
    でも、猫絵十兵衛は安定して面白かった記憶があります。

    今見たら、もう19巻まで出ているのですね。
    ビックリです。

    1. nekohon より:

      私は猫絵十兵衛の付録がほしくて「お江戸猫ぱんち」を買ってました(笑)
      カレンダーとか、バンダナの付録があったんですよ。
      その後付録が「絵葉書」ばかりになって、お江戸ねこぱんちもあまり買わなくなってしまいましたが(汗)

      息の長いマンガですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA