書評:『猫の絵画館』

『猫の絵画館』

 

浮世絵から近代絵画までアートになった愛くるしい猫たち。

と、帯に書いてあります。
その通り、数多くの猫の絵、それも美術的にも名作といわれる絵ばかりを集めた絵画集です。

嬉しいのは、ところどころ、猫の部分アップも並べて掲載されていることです。
猫が目当てで本を買う私のような人間にとって、これはとても有難い編集です。

猫好きな方、絵画好きな方、単に「美しいもの」が好きな方、
どなたにもお勧めできる、よくまとまった一冊。
22cm x 17cm と手ごろな大きさで、価格も1600円と、絵画集としては安いのも嬉しいですね。

なお、本の表紙絵は、稲垣仲静「猫」、大正8年(1919年)頃の作品。
裏表紙は、小川永濯「美人愛猫図」、明治時代の作品。

『猫の絵画館』

裏表紙と帯。

菱田春草「黒き猫」、明治43年(1910年)。

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』

磯田湖龍斎「美人愛猫図」、江戸時代。

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』

歌川国芳「曲亭翁精著八犬士随一 犬村大角妖猫退治」、江戸時代。

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』目次ページも美しい

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の絵画館』

  • 編集:コロナ・ブックス編集部
  • 出版社:平凡社
  • 発行:2008年
  • NDC:720 絵画集
  • ISBN:9784582634365
  • 126ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物: 多数
  • 登場動物: -

 

目次(抜粋)

  • 第1章凝視する可憐な猫たち
    • 「群獣図屏風」円山応挙
    • 「斑猫」竹内栖鳳
    • その他
  • 第2章ナルシストの近代の猫たち
    • 「牡丹と猫」荒井篁一郎
    • 「猫」吉藤義雄
    • その他
  • 第3章 江戸から明治時代の繊細な猫たち
    • 「綿花猫図」長澤蘆雪
    • 「猫図」月僊
    • その他
  • 第4章 愛くるしい錦絵の猫たち
    • 「娘に猫」歌川国政
    • 「風俗三十二相 うるささう」月岡芳年
    • その他
  • 第5章 戯れつくユーモアたっぷりの猫たち
    • 「美人愛猫図」磯田湖龍斎
    • 「びじんに猫図」百川子與(英松斎長喜)
    • その他
  • 第6章 妖怪になった猫たち
    • 「頂波数右衛門 中村芝翫・猫の中のり市村羽左衛門」歌川豊国
    • 「昔語岡崎猫石妖怪」歌川豊国
    • その他
  • 第7章 擬人化された猫たち
    • 「猫のすずみ」歌川国芳
    • 「猫の六毛撰」歌川国芳
    • その他
  • 主な画家略伝
  • 「斑猫」寸猫 榊原吉郎
  • 「逸楽の友」のために 谷川渥
  • トパーズ色した歓びの木の実 合田佐和子

 


ショッピングカート

 

『猫の絵画館』

『猫の絵画館』
9.3

猫度

10.0/10

面白さ

9.0/10

美しさ

9.0/10

愛猫家へお勧め度

9.0/10

書評:『猫の絵画館』” に対して 2 件のコメントがあります

  1. らん より:

    日本画や浮世絵が好きな私にとっても、これはほしい本ですねぇ。
    すてきです。

    1. nekohon より:

      色もきれいですし、猫さんはアップされているし、言うことなしの本ですよ~ =^_^=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA