書評:『劇場版 猫侍』書き下ろし

『劇場版 猫侍』書き下ろし

 

本でも映像でも、愛猫家に自信をもって勧められる『猫侍シリーズ』。

ふつう、映画やドラマ化された作品と、文章で書かれた本とは、うける印象がかなり違ってくる。

作品によって、また視たり読んだりする人によって、映像の方が良かったり、文章の方がよかったり、色々だろうけど、私の場合、映像より文章の方が気に入ることが多い。先に本を読めば、映像を見てがっかりし、先に映像を見れば、本を読んで「これも表現できてなかった、あれも表現できていなかった」と不満に思う。

この『猫侍シリーズ』は、先に映像の方を見てしまった。本を入手したのは偶然だった。映像があまりに良かったので、本を読もうかどうか迷ったくらいだ。読んだのは、愛猫ビクトリア(通称ビクちゃん)の病状が悪化して、動物病院に通院しなければならなくなってしまったから。

病院の待合室で、瀕死の猫を抱えながらでも、読めるような本。

そのときに選んだのが『猫侍シリーズ』。
大正解でした。

これほど、映像と本の隔離が少ないシリーズは、滅多にないのでは?

ストーリーの方は、映像レビューで書いたので、お手数ながらそちらをご覧いただくとして。

本ならではの感想。

本の良いところは、自分のペースで読めるということだ。
映像なら一秒で終わってしまうセリフも、文章なら何回も読み返すことができる。
その裏の意味、言葉の重みを、じっくり好きなだけ味わうことができる。

本の方が、斑尾久太郎の心の揺れが、詳細にわかって面白い。活劇部分などは、映像の方が迫力あるかもしれないが、このシリーズの骨髄は、久太郎の気持ちだ。思いだ。玉之丞への愛情だ。映像の方は、見ている間はコメディで、あとからじんわり感動がやってくる。本の場合は、あちこちで立ち止まってその都度味わいつつ、感動物語の中にコミカルな要素もたっぷり、と贅沢な楽しみ方ができる。

もうひとつの楽しみ方。もちろん、玉之丞を我が家の愛猫に置き換えて読めることだ。

うちにはシロロという猫がいる。雄だが、全身真白で美しいところは、玉之丞と同じ。当然、読んでいる間中、玉之丞はシロロに勝手に脳内転換されてしまっている。久太郎が玉之丞を愛しく思う気持ちがそのまんま、シロロ愛しいになってしまう。

別に、同じような白猫でなくとも。

愛猫を思う気持ちは、どの人だって同じだ。そうそう、こんな風にかわいいの♪ そうそう、こんな風に愛しいの♪ そうそう、こんな風に心配なの・・・

ああ、そして、
全世界の全人類が、このくらい、動物たちを大切に、家族と思ってくれたらいいのに!
この半分でも良い。
こんな優しい目暖かい気持ちで動物たちを見守ってくれたら!

(2017年3月6日)

※猫侍シリーズはこちら※

『劇場版 猫侍』書き下ろし

『劇場版 猫侍』書き下ろし

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『劇場版 猫侍』
書き下ろし 小説版

  • 著:森川秀樹(もりかわ ひでき)
  • 原案:永森裕二(ながもり ゆうじ)
  • 出版社:TOブックス
  • 発行:2014年
  • NDC: 913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784864722247
  • 252ページ
  • 登場ニャン物: 玉之丞、ハナコ、他
  • 登場動物: 甚太郎(犬)

 

著者について

森川秀樹 (もりかわ ひでき)

大阪生まれ、兵庫育ち、大阪在住。血液型A型。かつて犬派。今は猫派。大学卒業後、二年間の放浪生活を経て、アミューズメントメディア総合学院大阪校に入学。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

猫侍コスプレ猫

これはうちのシロロ、画像は私の手書きです。

画像は私が描いたもの、猫はうちのシロロです。

.

『劇場版 猫侍』書き下ろし

『劇場版 猫侍』書き下ろし
9.4

猫度

10/10

動物愛護度

10/10

面白さ

10/10

癒され度

10/10

お勧め度

9/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA