根本竜生『猫戦争膝栗毛』

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

 

日本猫軍、対、日本人間軍?

4月1日のエイプリル・フールに国連で提出された「世界戦争および紛争撤廃条約締結案」。
大多数の国がハッピージョークと勘違いし、うっかり賛成してしまったから、さあ大変。

世界中のどの国も戦争ができなくなってしまった。
ヒトとは愚かな生き物、戦争無しでは生きていけない。
かとて今更条約を白紙にも戻せず、困った挙げ句に人間たち、こともあろうに動物達を代理で戦争させることを思いついた!

最初はグリズリーやアフリカゾウなど力の強い大型動物軍が採用された。
次に人間用の兵器がほぼそのまま使えるサル軍が優勢となった。

しかし、最終的に、世界最強の軍団として勝ち残ったのは、ペット猫たちによる日本猫軍であった!

日本猫軍はアメリカ犬軍101部隊を破り、日本は世界最強軍事大国となる。

が、その日本猫軍に一大事が。

人間にとってはどうでもよいようなこと、しかし、猫たちにとっては死活問題。
なんとか解決しようと奔走する猫たち。
そしてなんと日本政府(人間)と戦争することに!

間軍は卑怯にも犬軍や猿軍やカラス軍まで餌等で買収。
猫軍には他に援軍なし。圧倒的不利!さて、戦況いかに?

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

* * * * *

なんとも面白い猫小説。

戦争の話なので、戦死者(戦死猫)は出てきます。
がそれ以上に猫たちが痛快で読んでいて実に楽しい。
「猫式バズーカ」のルビは「猫パンチバズ」、「猫歩兵団」のルビは「ニャーミー」、「肉球対応機関銃」のルビは「チチャキャット」、「犬地雷」は「ペテグリー」等々、名前だけでも笑ってしまう。そして世界最強な猫軍の最大の敵は「ペットボトル・バリケード」(笑)。
 
猫たちの性格がまた実に良い。
どの子も軍を離れればごく普通の、甘えんぼうでコタツ大好きなペット猫にもどる。
どの猫も人間より頭が良く、人間より勇敢で、人間より仲間思いで、それでいて皆飼い主の人間は大好きで、人間よりはるかにカッコイイ!

それから、本の中に猫好き人間があふれているのも気持ちよい。
猫に理解を示さない総理大臣にたちまち、「五百二十万通を超える子供達からの非難の手紙、三千五百万の署名が書かれた陳情書が届けられ」たりするのだから。

猫好きはもちろん、猫嫌いの人でも、特に男性は楽しめるかも?
傲慢で強欲な人間にくらべ、猫たちの望みのささやかさにも、にっこりさせられる小説です。

(2005.2.4. 管理人)

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫戦争膝栗毛』
副題、シリーズ名など

  • 著:根本竜生(ねもと りゅうしょう)
  • 出版社:文芸社
  • 発行:2002年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4835532996 9784835532998
  • 225ページ
  • 登場ニャン物:ゴエモン(遠藤ココナ)、助六(今石八兵衛)、石原ニャー次郎(河村ドルバッキー)、ニャンヌ・ダルク(亀田パピー)、垂木ブー(矢部茶々丸)、トーマス・マンテル、オビ・ワン・ケノービ、ゴルゴ・ニャーティン、ジロチョー、越前、ブシェミ、ジャニス
  • 登場動物:犬、サル、カラス、等

 

目次(抜粋)

  • 第1章 これがニャンコの夜明けゼヨ!(坂本ニャン馬)
  • 第2章 我々はノホホンとした昼寝を愛する。(ペリニャンクレス)
  • 第3章 甘えるべきか、すねるべきか。それこそ問題なのだ。(ニャークスピア)
  • 第4章 ニャンコの礼(ニャン国志演義)
  • 第5章 ニャンコにこたつを与えよ、しからずんば死を与えよ。(パトリック・ニャンリー)
  • 最終章 老猫は死なず、ただ寝るのみ・・・・。(石原ニャー次郎)
  • あとがき

 

著者について

根本竜生(ねもと りゅうしょう)

福井県に生まれる。現在国際基督教大学教養学部人文科学科に在学中

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

根本竜生『猫戦争膝栗毛』

9.7

猫度

9.8/10

面白さ

9.5/10

愛猫家へお勧め度

9.8/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA