書評:仁川純一『ネコと遺伝学』

仁川純一『ネコと遺伝学』

 

三毛の雄はどうして希少か。

この本の前半部分は、正直、あまり面白いとは言えないだろう。遺伝学の知識のある人にとっては単なる復習だろうし、知識のない人にとっては、かなり難しいのではないだろうか。

著者は「できるだけ専門用語を使わないようにこころがけています。」と前書きで書いているけれど、どうしても避けて通れない専門用語、かなり出てくる。説明も、多分、遺伝学初心者にはわかりにくい部分が多いのではないかと思う。知識のある人にとっては説明の必要もないような単語でも、知らない人には未知の世界だ。もう少し丁寧に書いて欲しいところ。

が、この本の薄さで、遺伝学を一通り説明しようとしたら、これ以上長々しくは書けないだろうから、仕方ないとは思う。

愛猫家にとって、興味の対象は、後半部分だろう。

私にとっても正直、前半はあまり面白くなかった。 が、78ページ以降は俄然面白くなった。
猫の遺伝学について、これほど簡潔かつ明瞭に書いた本は他に知らない。すばらしい。

遺伝学の知識のある猫好きさんは、前半部分は斜め読みでもかまいませんが、60ページ以降くらいからしっかり読んで下さい。
初心者の猫好きさんは、我慢して前半からじっくり読んで下さい。基礎知識がないと後半部分は理解できないと思いますので。後半部分は、前半部分の努力を補ってあまりある内容だと思います。

この本を読めば、なぜ雄の三毛猫が珍しいかという疑問などは氷解するでしょう。

著者様、どうかネコの遺伝学についての専門書を、この数倍の厚みでもう1冊書いて下さらないだろうか・・・と思わずにはいられなかった。

(2004.3.25)

仁川純一『ネコと遺伝学』

仁川純一『ネコと遺伝学』

仁川純一『ネコと遺伝学』

仁川純一『ネコと遺伝学』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ネコと遺伝学』
新コロナシリーズ49

  • 著:仁川純一 (にがわ じゅんいち)
  • 出版社:コロナ社
  • 発行:2003年
  • NDC:489.53(哺乳類・ネコ科)
  • ISBN:4339076996 9784339076998
  • 126ページ

 

目次(抜粋)

  • 1 遺伝学ってなに?
    • 遺伝について
    • 右利きのネコと左利きのネコ
    • その他
  • 2 子ネコの親は?
    • ネコの親戚
    • 親子鑑定
    • その他
  • 3 ネコが殺人犯を告発した!?
    • 殺人犯とネコ
    • ネコのDNA鑑定
    • その他
  • 4 毛の長いネコ!
    • アンゴラウサギとペルシャネコ
    • 毛の成長
    • その他
  • 5 毛のないネコ!
    • ヘアーレス動物
    • 毛のないネズミ
    • その他
  • 6 毛色を決める遺伝子は?
    • 毛色と遺伝子
    • アグチネズミとキジネコ
    • その他
  • 7 三毛ネコの毛色はどうしてできるの?
    • 雄と雌の違い
    • 茶色遺伝子
    • その他
  • あとがき(再び、子ネコの親は?)
  • 参考文献

 

著者について

仁川純一 (にがわ じゅんいち)

理学博士。群馬大学医学部助手、講師、九州工業大学情報工学部助教授を経て、現在同教授。出芽酵母を用いた分子遺伝学的研究を行っている。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

仁川純一『ネコと遺伝学』

仁川純一『ネコと遺伝学』
9.1

猫度

9.5 /10

お役立ち度

7.5 /10

情報度

9.8 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA