新美敬子『CAT 猫の気持ちがみえる本』

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

 

かわいい写真と、文章と。

写真とマンガが主で、その合間に、猫に関するちょっとした知識や説明が書いてある本。
本格的な飼育書ではないが、暇なときにパラパラとめくって、写真やマンガを見ながら、ついでにちょっと猫についても知りたい人に。

写真のほとんどが、外にいる猫達を撮ったものというのが気になるけど・・・
(猫は完全室内飼いしましょう!)。

(2010.11.23.)

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

写真が多い

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

この子猫の首の細さに萌え~~~

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の気持ちがみえる本』

  • 著:新美敬子(にいみ けいこ)
  • 出版社:ナツメ社
  • 発行:1997年
  • NDC:645.6(家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4816322949 9784816322945
  • 174ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物:多数
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

街角の猫

第1章「喜」
  歩く
  おいしかた
  あいさつ
  恋いの季節
  木に登る
  ごろんごろん
  友だち
  狩りをする
  気をつけ

第2章「怒」
  毛づくろい
  じゃれる
  気に入らない
  子猫を選ぶ
  あくび
  退屈する
  驚く
  舌が出たまま
  闘う

第3章「哀」
  振り向く
  聞く
  においを嗅ぐ
  動作が止まる
  スキンシップ
  丸くなって寝る
  見つめる
  鳴く
  物陰に隠れて見る

第4章「楽」
  もたれてすわる
  飲む
  箱が好き
  あいさつ
  爪を研ぐ
  集団
  のび
  寝る
  ジャンプ

著者紹介

 

著者について

新美敬子(にいみ けいこ)

愛知県豊橋市生まれ。1988年よりTV番組製作の仕事に携わったことをきっかけとして、写真の道に進む。1933年、東京ひばりが丘パルコ開店記念写真展「Unforgettable~世界の街角で出会った犬たち」開催。その後、巡回展を行う。1996年、渋谷パルコパートⅢ特設会場記念写真展「いぬ時間・ねこ時間」開催。世界各地をたずねて差つぇいした猫や犬の暮らしぶり、人々との関係を、写真集などを通じて広く発表している。
主な著書…「旅猫・街角で出会った小さな友だち」「犬心」「だっこ猫」「猫ばたらき」「ダルメシアン天使のポルカ」「運のいい猫 わるい猫」「猫写!猫を上手に撮るヒント」「旅猫:MEET THE CATS AROUND THE WORLD」のほか、本書の犬判として「犬の気持ちがわかる本」がある。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

新美敬子『猫の気持ちがみえる本』

7.5

猫度

9.5/10

面白さ

6.0/10

情報度

6.5/10

画像

8.5/10

猫好きさんへお勧め度

7.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA