書評:沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

 

あにゃたは、何問正解できるかにゃ?

見開きの、左ページがクイズ、ページをめくって右ページが答えと解説、という形式になっている。

例えば、
「猫・犬・人。いちばん耳がいいのは?」 
「どの味がいちばんよくわかる? ①甘み ②酸味 ③苦み ④塩辛味」など。

最初の答えは、猫。
低音は犬・猫・人間ともあまり差がないが、高音では、人間が1万2千~2万ヘルツ、犬は3万5千~6万5千ヘルツに対し、猫は6万~6万5千ヘルツ、説によっては10万ヘルツまで聞き取れるそうな。さらに、小さな音を聞く能力、どこで音がしたのかを正確に判断する能力(距離・高低差など)、たくさんの音の中から特定の音だけを拾い取って聞く能力、なども猫は人間や犬よりはるかに優れているという。

2番目の答えは、(2)の酸味。なぜなら、猫は肉食獣だから。腐った肉を間違って食べないよう、酸味が発達したのだとか。

おもしろいのは、クイズ形式をとっていながら、選択肢の全部が正解だったり、あるいは正解がわからない問題が、少なくないということだ。
答が「全部正解」、「じつは、正解はない」、「どうも×のようである」「正確なところはわからない」等々。

この、よくわからないところこそ、猫の魅力のひとつなのだから、著者も、自分で問題をつくっておきながら、堂々と「わからん!」と答えてかまわないのでしょう。
著者まで猫っぽくて宜しい哉!

(2002.4.10)

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『なぜ猫は可愛いか』
「ネコ語」に強くなる本

  • 著:沼田朗(ぬまた ほがら)
  • 訳:姓名(ひらがな)
  • 出版社:祥伝社ノン・ブック(新書)
  • 発行:平成4年(1992年)
  • NDC: 645.6(畜産業・家畜各論・犬、猫)
  • ISBN:4396103298
  • 228ページ
  • 登場ニャン物: 
  • 登場動物: 

 

目次(抜粋)

  • まえがき
  • 1章 猫と話そう
    〔身体・表現クイズ〕体の仕組みと、猫の言葉を理解できるか
    • PART 1 猫身体クイズ
    • PART 2 猫表現クイズ
  • 2章 隠れた野生と生態の謎
    〔習性・生態学クイズ〕猫遊びのルーツから、虎との違いまでの疑問
    • PART 1 習性クイズ
    • PART 2 生態学クイズ
  • 3章 猫の歴史と伝説を探る
    〔日本猫史・宗教・迷信・伝説・言葉クイズ〕こだいからの面白猫話
    • PART 1 日本猫史クイズ
    • PART 2 猫宗教クイズ
    • その他
  • 4章 つき合いのウソ・ホント
    〔飼い方クイズ〕これだけ知れば、猫が喜ぶ

 

著者について

沼田朗 (ぬまた ほがら)

これまでつきあった猫は1000匹以上。猫ロジストとして、「キャッツ」などユニークな猫生態学を連載する他、「アクションポザッツ」のマンガ『はぐはぐ』の原案も書く。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』

沼田朗『なぜ猫は可愛いか』
8.9

猫度

9.9 /10

お役立ち度

8.5 /10

情報度

8.5 /10

おすすめ度

8.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA