書評:大佛次郎の猫短篇と猫童話四編

大佛次郎『猫のいる日々』

 

『白猫』

第二次世界大戦の最中の話。

一人家を守って残っていた哲太は、焼け出されたらしい見知らぬ少女を家に招き入れ、一晩泊まらせる。
少女はまた、哲太の知らない間に、飼い主とはぐれたらしい白猫をその家に入れる。

悲惨な状況の中、たくましく生きていく少女を描いた小品。
最後にはふわりと幸せな気持ちになれます。

『猫の旅行』

大佛次郎氏の子供向けの小品。

まだキャリーにいれてネコを運ぶ習慣が一般化されていなかった時代。
引っ越しは決まったが、さてネコのミミはどうしましょう、と家族会議を開く。

とまあ、それだけの内容です。
運び方は、現代からみれば、あまり上等とはいえないのですが、あの時代ではそれでも良い方だったのでしょうし、家族の猫に対する想いもほのぼのとしたものがあります。

『小猫が見たこと』

小猫がかいま見た人間世界の様子。わずか7ページの小品です。

『白猫白吉』

子猫の白吉はある日人間の子供達の会話を盗み聞きします。

「トラとライオンとではどちらが強いだろう」

「ゾウの方がもっと強いだろう」。

そのうちに、あらら不思議、白吉の体がどんどん大きくなって・・・

10ページほどの童話です。

『スイッチョねこ』

スイッチョ、って、何のことかわかりますか。虫のウマオイの事です。秋になると、スイッチョ、スーイッチョンと良い声で鳴きます。

子猫の白吉は、おかあさんねこの言いつけに背き、スイッチョを捕まえようとして、間違えて生きたまま飲み込んでしまいました。スイッチョは白吉のお腹の中で鳴き始めました。

スーイッチョ!スーイッチョ!

うるさくて夜も眠れません。はてさて、こまったぞ。

猫好き作家として有名な大佛次郎氏が書いた童話です。氏自身、この作品はとても気に入っていたようです。他愛のない可愛い小品ですが、私も好きです。

(2002.8.11)

 

大佛次郎『猫のいる日々』

大佛次郎『猫のいる日々』裏表紙

大佛次郎『猫のいる日々』

大佛次郎『猫のいる日々』

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫のいる日々』収録

  • 著:大佛次郎(おさらぎじろう)
  • 出版社:徳間書店 徳間文庫
  • 発行:1994年
  • NDC:914.6(日本文学)随筆、エッセイ
  • ISBN:9784198902148
  • 349ページ
  • 登場ニャン物:(白猫)、ミミ、白吉
  • 登場動物: -

 

 

著者について

大佛次郎(おさらぎじろう)

1897-1973年。神奈川県出身、本名は野尻 清彦(のじり きよひこ)。『鞍馬天狗』シリーズなど大衆文学の作者として有名な他、歴史小説、ノンフィクション、さらには新作歌舞伎や童話などまでを幅広く手がけた。没後、希望により約3万5千冊の蔵書と愛蔵品が横浜市に寄贈され、1978年に港の見える丘公園に大佛次郎記念館が開館された。作家の野尻抱影(正英)は兄。

(著者プロフィールはWikipedia等からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

大佛次郎『猫のいる日々』

大佛次郎『猫のいる日々』
9

猫度

9.0/10

面白さ

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA