書評:寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

 

『聞かせてよ撫でてもやろう抱いてやろ

おまえの喉の愛のゴロゴロ』

離婚した40男が、奥さんにたっぷり未練を残しながら、猫を抱いてメソメソしている。
これで猫がいなかったら、この人、どうなっちゃうのだろう?

でも、猫さえいれば、女なんかいなくても、ね。

・・・・・

説明よりも一首書き抜きした方が良いでしょう。

『真夜中に目が覚めヒシと抱き寄せる 目下のところ猫だけなれど』

(2002.4.10)

*お暇なときに、拙サイトのこちらのコンテンツもぜひ。
猫短歌・猫俳句・猫川柳・他

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫とみれんと:猫持秀歌集』

  • 著:寒川猫持(さむかわ ねこもち)
  • 訳:姓名(ひらがな)
  • 出版社:文芸春秋
  • 発行:1996年
  • NDC:911(日本文学)短歌集
  • ISBN:416316460X
  • 229ページ
  • モノクロイラスト(カット)
  • 登場ニャン物:にゃん吉
  • 登場動物: -

 

 

著者について

寒川猫持(さむかわ ねこもち)

目医者。既刊歌集『ろくでなし』『雨にぬれても』

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』

寒川猫持『猫とみれんと:猫持秀歌集』
7.3

猫度

4.0 /10

面白さ

9.0 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA