書評:サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

 

『誰も寝てはならぬ』より抜粋・再編集。

『猫も寝てはならぬ』は、月刊誌「モーニング」に掲載された『誰も寝てはならぬ』全17巻のうち、ロシアンブルーの利休之助が活躍するエピソードを抜粋・編集した一冊。
利休之助を中心に、アラフォー世代のおっちゃんたちが、ダサくてダメな生活をさらけ出している。

本の裏書に「史上初!?ちっとも可愛くない猫マンガ」と書いてるように(?)、猫の利休之助は、キュートに愛くるしくは描かれていない。 けれども、実に猫っぽいというか。
「あるある、うちの子も!」
と言いたくなるようなことを、色々しでかしてくれる。

ふつうの飼い猫と少し違うのは、利休之助がしばしば「出勤」することだ。飼い主のハルキちゃんと一緒に、勤務先のデザイン事務所「オフィス寺」に行く。ハルキちゃんはイラストレーターでバツイチである。

オフィス寺では、猫連れ出勤を認めてくれている。それどころか、むしろ歓迎されている?猫らしく、色々ジャマしてくれるけど、猫らしく、癒してもくれるからだ。

絵は、いわゆるヘタウマと言われる絵でしょうか、絵もストーリーもゆるくて、大きな事件は何も起こらないが、その、少々だらけた感じも猫らしい。

ゆったりできるときに、ゆる~くお読み下さいニャ。

PS.ところで、私、本編の『誰も寝てはならぬ』はまだ読んでいません、すみません。

(2014.12.7.)

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫も寝てはならぬ』
『誰も寝てはならぬ』より抜粋・再編集

  • 著:サラ イネス
  • 出版社:講談社 ワイドKCモーニング
  • 発行:2010年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784063377095
  • 124ページ
  • モノクロ
  • 登場ニャン物:利休之助
  • 登場動物:-

 

 


ショッピングカート

 

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』

サラ・イネス『猫も寝てはならぬ』
7.4

猫度

9.0 /10

面白さ

7.0 /10

絵・画像

6.5 /10

猫好きさんへお勧め度

7.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA