書評:柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』

猫は毒殺に関与しない - 猫探偵正太郎の冒険V

 

「猫探偵正太郎の冒険」シリーズ最新刊♪

待ってました、正太郎くん♥
しかも、収録されている3作品のうち、最後の作品は文庫書下ろしオリジナルです。

今回の作品群では、正太郎は、殺人犯逮捕に力を貸したりはしませんでしたが、まあこの方が猫っぽいといえば猫っぽいかも。
いずれも、二重三重の糸がからみあったような展開のストーリーで面白かったです。

猫は毒殺に関与しない

タイトル通り、正太郎君の出番がぜんぜん・・・残念!
私も餃子が食べたくなったな~

猫は三日ですべて忘れる

猫という動物は、どうして、そこで見ているだけで、人間に罪悪感を起こさせることができるのでしょうか?
あまりに純粋だから?

そして、この物語は、人間が猫のマネなんかしちゃいけませんよ、おこがましい!という教訓でもあります☆

正太郎、恋をする

名探偵正太郎が恋をした!
それも、異種間恋愛!?
その、脚がすらりと長い彼女の正体は?

そして、高齢者施設を誰にも見られずに脱走した彼女は、いったいどんな手を使ったのか?

【猫探偵正太郎シリーズ】

主人公の正太郎は、ペルシアもどきの雑種ネコ。ミステリー作家・桜川ひとみ宅に同居している。
桜川ひとみは、天然でお気楽な現代女性。これでミステリー作家が勤まるのかと心配になってしまうほど。正太郎の名前さえ、しばしば「クロちゃん」だの「タマちゃん」だの、適当な呼び名でごまかして平気である。

それに対し、正太郎は、日本語は完璧に理解し、文字も「まぐろ」くらいなら読めちゃう天才猫。人間顔負けの推理をして、殺人・殺猫事件の謎を解いてしまう。

『猫探偵正太郎シリーズ』はこちら。

(2017年10月14日)

柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』

柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫は毒殺に関与しない』
文庫書下ろし&オリジナル/連作推理小説 猫探偵正太郎の冒険5

  • 著:柴田よしき(しばた よしき)
  • 出版社:光文社文庫  
  • 発行:2016年11月20日 
  • NDC : 913.6(日本文学) 推理小説短編集
  • ISBN : 9784334773779
  • 251ページ
  • カラー、白黒、口絵、挿絵、イラスト(カット)
  • 登場ニャン物 :正太郎、アンコ、キナコ
  • 登場動物 : シュガー、ソルト(いずれもビーグル犬)、その他

 

目次(抜粋)

  • 猫は毒殺に関与しない
  • 猫は三日ですべて忘れる
  • 正太郎、恋をする

 

著者について

柴田よしき(しばた よしき)

東京生まれ。青山学院大学文学部卒。1995年『RIKO―女神の永遠』で第15回横溝正史章を受賞してデビュー。『ワーキングガール・ウォーズ』『激流』などがベストセラーに。警察小説、本格ミステリ、伝奇ロマン、恋愛サスペンスなど、多彩な作品を手がけ、広範囲な読者に支持されている。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』

柴田よしき『猫は毒殺に関与しない』
8.8

猫度

9/10

猫活躍度

10/10

面白さ

9/10

おすすめ度

9/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA