谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

 

シートン 旅するナチュラリスト 第4章。

作画:谷口ジロー、原案:今泉吉晴の人気シリーズ。

運命に翻弄された一頭の偉大なグリズリー(ハイイログマ)と、ひとりの男の物語。悲劇、と形容すべきかもしれない。

ケリヤンは深い山に住む猟師である。ある日、子連れの母グマを仕留めた。幼い2頭の子グマは生け捕りにした。

雄の方の子グマは犬のようによく馴れた。愛くるしい仕草でケリヤンや仲間のボナミーを楽しませる。

ところがある日、偶然訪れた商人が子グマたちを売ってくれという。金に目のくらんだケリヤンは、つい手放してしまう。すぐに後悔するが、すでに後の祭り。

これが、子グマのジャックの不幸の始まりだった。

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』裏表紙

月日が流れ、人々はグリズリーたちに悩まされていた。放牧地のウシが次々と襲われたのである。グリズリーは一般的に果実や山の動物を食物としていたので、ウシを襲う個体は少数派だったが、被害があちこちで出るようになると、各地の名物グマにはあだ名と賞金がつけられた。プレイサービルのリールフット。ムッケルンネのブリン。フェザー川のペグトラック。スタニスラウスのモナーク。そして一番有名なウシ殺し、グリンゴ。

ケリヤンは5頭のグリズリーたちを追うことにした。中でもグリンゴは絶対に仕留めたい。ケリヤンはそれ以前にも、何回もグリンゴと対峙しては逃げられていたし、知人も殺されていた。

力比べでは、ヒトはクマの比ではなかった。知恵比べでも、ケリヤンは負け続ける。グリンゴは、恐ろしく用心深く、信じられないほど賢く、しかも、馬のように俊足なクマだった。・・・

この本を読み終わったとき、私はシートンの悲痛な叫びが聞こえたような気がした。人類よ、おごるな!もっと動物を良く見よ!理解せよ!

(2008.8.29.)

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『タラク山の熊王(モナーク)』
シートン 旅するナチュラリスト 第3章

  • 著:作画:谷口ジロー(たにぐち じろー)
  • 原案:今泉吉晴(いまいずみ よしはる)
  • 出版社:双葉社アクションコミックス
  • 発行:2008年
  • NDC:726(マンガ、絵本)
  • ISBN:9784575941517
  • 418ページ
  • 登場ニャン物:-
  • 登場動物:ハイイログマ、その他多数の野生動物達

 

著者について

谷口ジロー(たにぐち じろー)

鳥取県に生まれる。71年「嗄れた部屋」でデビュー。92年「小学館漫画賞・審査員特別賞」、93年「日本漫画家協会賞優秀賞」、98年「手塚治虫文化賞マンガ大賞」、99・01年「文化庁メディア芸術祭優秀賞」等を受章。国外でもフランス・イタリア・スペイン等の国々で数々の漫画賞を受賞。
代表作は「ブランカ」「犬を飼う」「遙かな町へ」「天の鷹」「事件屋稼業」「『坊ちゃん』の時代」(原作関川夏央)、「神々の山嶺」(原作夢枕獏)等。

今泉喜晴(いまいずみ よしはる)

東京都に生まれる。山梨と岩手の山林に小屋を建て、森の野ネズミ・リス・ムササビ等小型哺乳類の生態を研究している。
著書に「がんばれひめねずみ」「空中モグラあらわる」「ウォールデン森の生活」「シートン動物誌・全十二巻」「子どもに愛されたナチュラリストシートン」(児童福祉文化賞・小学館児童出版文化賞受賞)他多数。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

谷口ジロー『タラク山の熊王(モナーク)』

8

動物度

8.5/10

面白さ

8.0/10

猫好きさんへお勧め度

7.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA