書評:藤堂志津子『秋の猫』

藤堂志津子『秋の猫』

 

30代、独身、女。。。

私が持っているのは単行本だが、最近文庫本でも発売された。
文庫の方が持ちやすいし場所もとらないので好きだ。
もう少し買うのを待っていれば良かった・・・

とまあ、そんな話はおいといて。

30代、独身、女。

一人でいる理由は様々。
あるいは相手に恵まれなかったり、あるいは恋人とケンカ別れした直後だったり、あるいは離婚していたり。

そんな女達の傍らには猫か犬がぴったりとよりそっている。
あるときは猫に慰められ、あるときは犬が新しい恋の橋渡しとなる。

軽いタッチでちょっぴり切ない大人の恋愛小説集。
5編の短編のすべてに犬か猫が登場。
猫が出てくるのは次の3編。

藤堂志津子『秋の猫』

藤堂志津子『秋の猫』

「秋の猫」

‘私’はずっと猫を飼いたかったけれど、「男のかわりに猫か?」と言われるのが嫌だった。
が、36歳になって恋人との関係も終わった今なら、「そ、猫のほうがすっとまし」と平然と受け答えできそうだった。

さっそく迎えた猫のうち、1匹はとてもよい子だったが、もう1匹には手こずって・・・

「ドルフィン・ハウス」

転職する時、男を選ぶ時、常にワンランク上を望みながら、なかなか望みのものが手に入らない‘私’。
ほとんどあきらめに近い毎日をおくっていたときに、猫を抱いたその男に出会った・・・

「公園まで」

この4年間で、‘私’の生活は劇的に変化していた。
悪い方へ。

公園で偶然会った男は、お互い名前さえろくに覚えていなかったけれど、やはり環境の変化を経験していた。
‘私’は犬を、男は猫を飼っていて、・・・

(2005.11.7)

藤堂志津子『秋の猫』

藤堂志津子『秋の猫』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『秋の猫』

  • 著:藤堂志津子 (とうどう しづこ)
  • 出版社:集英社
  • 発行:2002年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4087746216 9784087746211
  • 238ページ
  • 登場ニャン物:ロロ、ミミ(「秋の猫」)、ハナ(「ドルフィン・ハウス」)、リキマル(「公園まで」)
  • 登場動物:犬

 

目次(抜粋)

  • 秋の猫
  • 幸運の犬
  • ドルフィン・ハウス
  • 病む犬
  • 公園まで

 

著者について

藤堂志津子 (とうどう しづこ)

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

藤堂志津子『秋の猫』

藤堂志津子『秋の猫』
7

猫度

6.5 /10

面白さ

7.0 /10

愛猫家へお勧め度

7.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA