書評:『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

 

副題:対馬の森で、野生との共存をめざして。

ツシマヤマネコとはどんな動物か。
どんなところに住み、どんな状況におかれているのか。
ツシマヤマネコを保護するため、現在どのような取り組みが行われているか。
これから必要なものは何か。

ツシマヤマネコについて何も知らない人でもよく理解できるよう、親しみやすい文章でわかりやすく書かれた一冊である。

こういう良書は日本中の学校の図書館において欲しいと思う。もちろん、一般の図書館にも。

表紙のかわいらしいヤマネコの写真や、大きめの字体で書かれた読みやすい文章と裏腹に、書いてあることはすごく奥が深いと思う。
なぜなら、ツシマヤマネコ保護の問題は、日本、ひいては世界全体の、自然を守り地球を守ることの縮図と思えるからだ。

ツシマヤマネコ保護は、決して対馬という小さな島だけの問題ではない。
我々日本人の、生活の根本を問い直さなければならない問題を含んでいる。

読みやすいからといって、流し読みは避けて欲しい。
時間を掛けて、じっくり読み込んで欲しい。

地球上からツシマヤマネコがいなくなる日なんて、決してあってはならない・・・!!

(2008.11.28.)

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

***ここで管理人による勝手なPRです***

『NPO法人 ツシマヤマネコを守る会』

本著の中でも紹介されています。
ツシマヤマネコの観察、餌付け、ツシマヤマネコおよび対馬の自然を守るための畑作り、啓蒙活動、その他その他、大活躍されています。
ただ今、会員募集中!
もちろん、対馬住民でなくてもかまいません!
年会費たった3000円であなたもツシマヤマネコ保護に参加できるんです。
ツシマヤマネコの現在の推定生息数は、わずか70頭!!
日本の貴重なヤマネコを、あなたも守りたいと思いませんか?

詳細・入会方法はHPで。

NPO法人 ツシマヤマネコを守る会

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』ヤマネコの事だけでなく対馬のデータもいろいろあります

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『ツシマヤマネコ(改訂版)』
対馬の森で、野生との共存をめざして

  • 著:ツシマヤマネコBOOK編集委員会
  • 監修:対馬野生生物保護センター
  • 出版社:長崎新聞社
  • 発行:2008年
  • NDC:489.53(哺乳類・ネコ科)
  • ISBN:9784931493896
  • 167ページ
  • カラー
  • 登場ニャン物: トモオ、つしまる、キャロ、ガト、他(すべてツシマヤマネコ);イリオモテヤマネコ、ノネコ
  • 登場動物: ニワトリ、ノイヌ、他

 

目次(抜粋)

  • はじめに
  • 続ツシマヤマネコの「顔」
    • 対馬野生生物保護センターにやってきたヤマネコたち
    • 裏山のヤマネコたち
    • その他
  • 対馬のヤマネコ
    • 10万年前の朝鮮通信使たち
    • ツシマヤマネコの歴史
    • その他
  • ヤマネコはどこにいる?
    • 分布の移り変わり
    • 下島で23年ぶりのヤマネコ再発見
    • その他
  • ヤマネコの生息を脅かすもの
    • ヤマネコの生息を脅かすもの
    • 生息に適した場所の減少
    • その他
  • 保護の取り組み
    • 対馬の、日本の、世界の宝ツシマヤマネコを、生息地で守る
    • 法による保護
    • その他
  • ヤマネコと共存する対馬をめざして
    • 田畑、海をつなくヤマネコ
    • その他
  • おわりに

 


ショッピングカート

 

『ツシマヤマネコ(改訂版)』

『ツシマヤマネコ(改訂版)』
9.1

猫度

10.0/10

面白さ

8.5/10

情報度

9.0/10

猫好きさんへお勧め度

9.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA