書評:宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

 

人情あふれる下町に住む猫たちと人間たち。

江戸時代。

深川にある、人一人がようやく通れるような、ある狭い小路は、猫の取り道にもなっていて、必ず一匹や二匹の猫を見かける。
その町の住民達にも猫好きが多く、路上の立ち話といえば猫の話題がもっぱら。
野良猫たちもここではあまり人を恐れない。

いつしかその小路は「にゃんにゃん横丁」と呼ばれるようになっていた。

にゃんにゃん横丁に住む住民達、いずれもしがない町民ばかりだが、とはいえ平和な日々ばかりではない。
殺人のような凶悪事件こそないけれど、それなりの事件はおこる。
その度に、大家の徳兵衛や、岡っ引きの岩蔵、書訳の富蔵、幼なじみで男勝りのおふよ等は、心を痛めたり、走り回ったりと、翻弄されることになる。

猫たちは、活躍するというほどではないが、シーンのあちらこちらに出てくる。
当時のことだから、不妊手術なんてものはない。
雌猫は次々と子猫を生む。
住民達は子猫の行く末を案じ、具合の悪い子がいれば手当をしたり、飼い猫に昇格させてやることもある。

人間達も、猫たちも、のんびりと自然体で、その暮らしぶりは贅沢とはほど遠いけれど、暖かくて居心地よさそうで、猫も人も家族も他人もお互いに寄り添い助け合いながら、せちがらい世の中を頑張っている、そんな、なんとなくふうわりと懐かしい世界に、一気に読んでしまえる時代小説だ。

(2009.1.2.)

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『深川にゃんにゃん横丁』
副題、シリーズ名など

  • 著:宇江佐真理(うえざ まり)
  • 出版社:新潮社
  • 発行:2008年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:9784104422043
  • 252ページ
  • 登場ニャン物:まだら、るり
  • 登場動物:-

 

 

著者について

宇江佐真理(うえざ まり)

函館市生まれ。95(平成7)年「幻の声」でオール讀物新人賞を受賞。2000年『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞、01年『余寒の雪』で中山義秀文学賞を受賞。著書に『春風ぞ吹く』『深尾くれない』『玄治店の女』『桜花を見た』『たば風』『無事、これ名馬』また『幻の声』で始まる〈髪結い伊三次捕物余話〉シリーズなどがある。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』

宇江佐真理『深川にゃんにゃん横丁』
6.7

猫度

5.0 /10

面白さ

8.0 /10

愛猫家へお勧め度

7.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA