上野そら『わたしのげぼく』

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

 

くまくら珠美:絵。大の男も泣いてしまうかも?な、絵本

「わたし」は、かっこよくて、かしこくて、すばやいのが自慢。
それから、心外ながら、かわいいネコでもある。
性別はオスだ。
知的な猫にふさわしく「わたし」と言っている。

「わたし」には「げぼく」がいる。
始めて一緒に暮らし始めたとき、「げぼく」はまだ4歳だった。

げぼくはとても、どんくさい。

ごはんを食べるのも遅く、「わたし」のスピードにはぜんぜんついてこれない。
そのくせ、「わたし」の世話を焼きたがる。「わたし」も世話をしてやる。

ときがたち、どんくさい「げぼく」は、とても大きくなり、

「わたし」がこの家に来て、18年たった・・・・

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

ここで、

最初にウルっと来てしまいました。
だって、私のトロがまさに、18歳なのですから。

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

本の中では、どんくさいのは「げぼく」の方ですが、うちの猫、トロは、稀に見るどんくさい猫です。
18歳ともなれば、猫だってあちこち、体にガタが来ます。トロもヨタヨタです。月に何回か病院に通っています。
でも、どんくさいお陰か、死に急ぐこともなく、なんとか頑張ってくれています。

この本は、掲示板でyukiyo様にご紹介いただき、購入しました。

————————————–

本屋さんでふと手に取った猫本です。
ちょっとだけ立ち読み、のつもりが
絵本仕立てなので最後まで読めてしまいました。
色々思い出して泣けてきました。
何度も読み返したくなる本だと思います。

『うちにもどんくさいげぼくがいるにゃ~』

yukiyo様、2018/03/14
————————————–

そう、何度も読み返したくなる本。
だからこの本は、立ち読みには向きません。
できるだけ購入してくださいね。
そして、(誰も見ていないときに)、ハンカチ(かタオル)を用意して読み返してください。

くまくら珠美さんの絵もすばらしいです。
表紙の猫の、みるからに尊大そうな風貌。
『かれは、わたしのげぼくである。』と宣言するときの猫の、得意そうな顔。
ロボットおもちゃを見つけた目つきは面白く、それを壊すときの目つきは、うちのハナ(別名ブラックデビル)がおこったときのよう。(笑)

そして、最期に、だいすきなげぼくに抱かれて眠るわたし・・・

と、ここで泣いちゃった方。
まだあるんですよ。強力なダメだしが。というか、ここからが本番!
ご用心!

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

この絵本を読んで、あるアメリカン・ジョークを思い出しました。
私のお気に入りのジョークです。

犬「ヒトは、食べ物をくれ、家をくれ、遊んでくれ、毎日世話をしてくれる。ヒトこそ神なり!」
猫「ヒトは、食べ物をくれ、家をくれ、遊んでくれ、毎日世話をしてくれる。われこそ神なり!」

本の猫も、ジョークの猫と同じく、自意識過剰で尊大です。
自分の世話をしてくれる「げぼく」を見る目は、どこまでも上目線です。
神仏が愚かな群衆を見下すかのように。
でも、慈愛に満ちた上目線です。
慈悲深い神仏が愚かな群衆を見おろすときのように。

ある本も思い出しました。
ディー・レディー著『あたしの一生:猫のダルシーの物語』
この本も、愛猫家なら号泣間違いなしの名著です。
もし未読でしたら、ぜひどうぞ。

ネコから見たら、ニンゲンってさぞどんくさく見えるだろうと思います。
でも、そのどんくさいニンゲンから見たって、トロよ、お前はどんくさい猫なんです。
猫とは思えないほど、どんくさい猫です。
だから、急ぐな。なにひとつ、急ぐな。
ゆっくり、ゆっくり、一緒に、どんくさいげぼくと一緒に、まだまだずっとあるいていこう。
ねえ、トロたん?
こんなに大好きなんだから。

猫

愛猫トロ。18歳と10か月。

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『わたしのげぼく』

  • 作:上野そら(うわの そら)
  • 絵:くまくら珠美(くまくら たまみ)
  • 出版社:アルファポリス
  • 発行:2017年
  • NDC:726(絵本)
  • ISBN:9784434236310
  • カラー
  • 登場ニャン物:無名(わたし)
  • 登場動物:-

 

 

著者について

上野そら(うわの そら)

2016年にWeb上に掲載した「わたしのげぼく」で第9回アルファポリス絵本・児童書大賞に参加し、同作にて出版デビュー。

くまくら珠美(くまくら たまみ)

猫漫画家/絵描き屋。猫をモチーフにした漫画、絵画、グッズなどを制作。私生活でも常に猫と共に暮らし、現在では嗣千代、ヒナギクコ、ナナツボシコの三匹のおかあさん。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』

上野そら:作 くまくら珠美:絵『わたしのげぼく』
9.5

猫度

9.9 /10

面白さ

9.0 /10

画像

9.5 /10

うるうる度

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.5 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA