書評:和久田正明『猫の仇討』

和久田正明『猫の仇討』

 

『夜桜乙女捕物帳シリーズ』。

乙女は、娘岡っ引き。実はあの「遠山の金さん」の隠し子という設定。
鉄火娘で、気も強ければ、腕っ節も強い。
江戸の悪人共を相手に一歩も引かない。

さて、ある日、湯屋の釜焚きが職業のわびしい独身男のもとに、三毛猫が現れた。
両目の上にへの字型の黒い斑点がついており、いつも笑っているように見える可愛い子猫だった。
男と、同じ湯屋の下働きの女は、その子猫をかくまい、可愛がる。

湯屋の二階では、湯女のお喜多と、ならず者三人組が、騒動を起こしていた。
三毛はその騒動に巻き込まれてしまう。

その後、その三人組が、一人また一人と殺されていき・・・

猫が大活躍する話ではありません。猫は謎解きのカギとはなっているが。

この本には、表題の「猫の仇討」のほか、「力婦伝」、「おしゃれ殿様」、「ふり袖変化」の計四編が収められている。
この「夜桜乙女捕物帳」は全部で8冊発行されているが、私はまだこの8冊目「猫の仇討」しか読んでいない。

(2006.8.30)

和久田正明『猫の仇討』

和久田正明『猫の仇討』

和久田正明『猫の仇討』

和久田正明『猫の仇討』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の仇討』
夜桜乙女捕物帳シリーズ

  • 著:和久田正明(わくだ まさあき)
  • 出版社:学習研究社 学研M文庫
  • 発行:2005年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4059003875 9784059003878
  • 316ページ
  • 登場ニャン物:三毛
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 第一話 力婦伝
  • 第二話 おしゃれ殿様
  • 第三話 ふり袖変化
  • 第四話 猫の仇討

 

著者について

和久田正明(わくだ まさあき)

静岡生まれ。著書多数。「夜桜乙女捕物帳」シリーズ、「公儀刺客御用」シリーズ、「読売り雷蔵世直し帖」シリーズ、「八丁堀つむじ風」シリーズ等。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

和久田正明『猫の仇討』

和久田正明『猫の仇討』
4.3

猫度

1.5/10

おもしろさ

7.0/10

猫好きさんへお勧め度

4.5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA