書評:ウェストール『猫の帰還』

ウェストール『猫の帰還』

 

猫は、「大切な人」と再会するために何マイルも・・・。

猫にまるでテレパシーのように驚異的な飼い主追跡力があることは、科学的にも実証されている。
この小説は、実在した猫、ロード・ゴートの話に基づき、事実と創作を織り交ぜて書かれたものだという。

舞台は、第2次世界大戦下のイギリス。

黒猫ロード・ゴートの「大切な人」は、戦争に取られてしまった。残された家族は、ロード・ゴートを連れて疎開するが、ロード・ゴートは気に入らない。

ある日、懐かしいあの手の中へ戻るために、ロード・ゴートは旅立った。
猫の奇跡的な霊感が、大切な人のいる方向を正しく教えてくれるのだ。

ところが、「大切な人」は空軍のパイロットだった。指令一枚で頻繁に移動する。

追いかけるロード・ゴートも、あちこちさまよわなければならなかった。

途中で様々な人にであう。
典型的な軍人である軍曹、年老いた馬車屋、夫も生きる力もなくしてしまった未亡人、ドイツ兵の銃弾が怖くて堪らない狙撃兵、その他。

ロード・ゴートは、人間達の人生に少なからぬ影響を与えながら、たくましく生き抜く。
遍歴の間に、2度も子猫を生み、何度も爆撃にあい、爆弾の暴発で聴覚を失い、ときには飢えでフラフラになりながらも、ひたすら「大切な人」を探し続ける。

私は戦争が大嫌いだし、戦争小説も戦争映画も好きではないが、この本は素直に読めた。
それにしても、猫の視点から見ると、人間の何と愚かに見えることか。
とてもお勧めな一冊。

(2002.4.10)

ウェストール『猫の帰還』

ウェストール『猫の帰還』

ウェストール『猫の帰還』

ウェストール『猫の帰還』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『猫の帰還』

  • 著:ロバート・ウェストール Robert Westall
  • 訳:坂崎麻子
  • 出版社:徳間書店
  • 発行:1998年
  • NDC:933(英文学)長編小説
  • ISBN:419860911x 9784198609115
  • 264ページ
  • 原書:”Blitzcat” c1989
  • 登場ニャン物:ロード・ゴート、ヤセ
  • 登場動物:-

 

 

著者について

ロバート・ウェストール Robert Westall

1929-1993年。イギリス・ノサンバーランド生まれ。美術教師として教えるかたわら、一人息子のために書いた処女作「機関銃要塞の少年たち」がカーネギー賞を受賞、作家としてスタートする。「かかし」で再度カーネギー賞、「海辺の王国」でカーディアン賞を受賞、「児童文獏の古典として残る作品」と評された。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

ウェストール『猫の帰還』

ウェストール『猫の帰還』
9

猫度

9.0 /10

面白さ

8.5 /10

猫活躍度

9.5 /10

猫好きさんへお勧め度

9.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA