書評:安田満『玄耳と猫と漱石と』

安田満『玄耳と猫と漱石と』

 

一家離散した彼は、漱石に、飼い猫を託した・・・。

大正元年。
東京朝日新聞社会部長の玄耳(渋川柳次郎)は辞表を出した。

新聞社を辞めるとなると定収がなくなる。
借家は出なければならないし、事実上一家離散である。
妻は離縁し実家にもどり、子供達はそれぞれ世話して貰う話はついた。
犬も近所の犬好きに貰って貰う。

が、猫はどうするか。

猫の行き先がない。
それが決まらない限り玄耳は落ち着かない。

ふと、漱石が玄耳の猫を「よい猫だ」と褒めたのを思い出した。

そうだ、漱石にもらってもらおう。
漱石なら貰ってくれるだろう・・・

と、玄耳は漱石宅を尋ねる。

漱石ファンにはすごく楽しめる短編だと思う。
当時の社会の様子がよく描かれているし、文章の雰囲気も、まるで漱石と同時代に書かれたもののようだ。
平成3年の作とは思えない、タイムスリップを楽しめる。
主人公はあくまで玄耳だし、猫は脇役の一人に過ぎないが、玄耳や漱石の優しさがふわりと匂ってきて、ああきっと漱石はこんな人だったのだろうなと思う。

ただし、漱石ファンでない人には、一緒に収録されている「南洲先生大将服焼片」の方が動きがあって面白いかも知れない。
こちらは猫は全然出てこないのだが。
西郷隆盛の西南の役の最中の出来事を扱った小説である。
これも大変面白かった。

(2004.04.16)

安田満『玄耳と猫と漱石と』

安田満『玄耳と猫と漱石と』裏表紙

安田満『玄耳と猫と漱石と』

安田満『玄耳と猫と漱石と』

 

※著作権法に配慮し、本の中見の画像はあえてボカシをいれております。ご了承ください。

 

『玄耳と猫と漱石と』

  • 著:安田満 (やすだ みつる)
  • 出版社:邑書林
  • 発行:2004年
  • NDC:913.6(日本文学)小説
  • ISBN:4946407650 9784946407659
  • 172ページ
  • 登場ニャン物:ミイ
  • 登場動物:-

 

目次(抜粋)

  • 玄耳と猫と漱石と
  • 南洲先生大将服焼片
  • あとがき
  • 解説 大河内昭爾

 

著者について

安田満 (やすだ みつる)

大分市生まれ。戦後、朝日新聞東京本社および西部本社に勤務。現在、朝日新聞客員。

(著者プロフィールは本著からの抜粋です。)


ショッピングカート

 

安田満『玄耳と猫と漱石と』

安田満『玄耳と猫と漱石と』
6.8

猫度

6.0 /10

面白さ

7.5 /10

猫好きさんへお勧め度

7.0 /10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA